車の買取に関して色々と調べられている方であれば聞いた事があるかと思いますが、買取業者の中にENGという業者が存在しています。

このENGですが、実はかなり評判がいい業者ですので、利用される方にとってはかなり有効活用できる業者なのです。

そこで、ここではENGがどういった業者なのかを細かくご紹介していこうと思います。

車買取のENGとは?

まずは、このENGがどういった会社が運営していて、どういった特徴のサービスを提供しているのかを見ていくことにしましょう。

ENGの運営会社

それでは初めにENGの運営会社について確認してみましょう。

運営元の情報としては、以下のようになっております。

会社名 株式会社ENG
代表 牧野 新一郎
本社 〒108-0073東京都港区三田1-3-31 FORECAST三田4F
設立 2008年1月31日
資本金 10,000,000円

上記の通り、中古車買取のENGは2008年設立と、中古車買取業界としては非常に若い企業となっています。

メディアなどの注目度は高い

しかし、そんなENGですが現在多くのメディアにも紹介されており、かなりの注目を浴びている優良企業であることは確かなのです。

最新(記事作成時点で)のニュースでは、「ナイツのHIT商品会議室」という番組にも出演が決まっており(撮影済み)、千葉テレビで放送も決定しているとか。

輸出専門で事業を展開

そして、このENGの最大の特徴は、なんといっても海外への輸出を専門に行っている業者であることです。

特に新興国においては日本車は非常に需要が高まっており、普通に日本国内で車の流通をさせるよりも企業として利益を多く稼ぐ事ができるのです。

もちろん、それは車を売る側にもメリットがあり、利益が多く出せる=買取額に還元できる=買取ができる台数が増える=扱える商品が増えるという非常に良い流れを作る事が可能となっているのです。

昔は買取は行っていなかった

実は車買取のENGは今でこそ、一般ユーザーからの車の買取を行っていますが、以前は中古車の買取は一切行っていなかったのです。

もちろん、その頃も新興国への中古車の輸出はされていましたが、その対象となる車の仕入れには全てオートオークション(業者のみが参加できる車のオークション)でのみ行っていたのです。

なので、今ENGの買取サービスを利用できるようになっているのは、非常にありがたい話なのです。

買い替えの際にも有利に

なお、このENGは輸出専門というキャッチコピーがありますが、実は新車の購入を行うことも可能なのです。

ただし、正直なところ単に新車購入をするだけの場所としてはメリットはありません。

しかし、今ある車を下取りに出して新車購入する場合は、買取額という区分ではなく下取りという区分になりますので、ある程度は融通を利かせてくれるのです。

なので、買取単体と新車購入単体とを別々で行うときよりも、コスパが良くなるように金額を調整(査定額UP)してくれるのです。

 

ENGのメリット・デメリット

このようにENGは一般的な中古車買取店とは少し異なる毛色の業者となっていますので、メリットやデメリットの面でも色々と特殊な内容のものが存在するのです。

これは、買取に出す事を検討されている方にとってはかなり重要な部分ですので、ここも合わせて確認していくことにしましょう。

ENGのメリット

それでは、まずENGのメリットの部分から見ていきましょう!

前述でもご紹介の通り、ENGは日本市場での売買よりも高い利益を見込める海外への輸出を専門としている業者です。

なので、当然平均的な査定額よりも高値で売る事が可能となっているのです。

なお、平均よりも高いといっても気持ち程度という微々たるものではなく、本当に勝負にならないくらいの金額差で高くなることも頻繁にありますので、条件さえマッチすれば圧倒的な差額で最高査定額を叩き出す事ができるでしょう。

ENGのデメリット

続いてはENGのデメリットについてのご紹介です。

正直、ここさえクリアできれば是非とも査定の申し込みをお勧めしたいところなのです。

しかし、ある意味でも上記のメリットを可能にするための条件にもなっている内容ですので、仕方のない部分となります。

そのENGのデメリットは、ズバリ買取ができる車種と年式に条件の設定がある事です。

買取対象の車種
  • アルファード
  • ヴェルファイア
  • ハリアー
  • ランドクルーザー
  • エスティマ
  • ウィッシュ
年式の条件
  • 初年度登録から5年未満の車両

このように両方の条件をクリアできる車を買取に出そうとしている方は非常に少ないかと思いますので、「当てはまったらラッキー」という感覚で挑む必要があるでしょう。

条件に該当しない車の場合

なお、上記の条件に該当しない場合は、どうあがいてもENGでの買取は実現不可能ですので、別の手段を考える必要があるでしょう。

ここで安心していただきたいのは、実は輸出ができる買取業車はENG以外にも存在しており、現状で言えばカーネクストという業者が該当します。

このカーネクストであれば、年式や車種に縛られずに海外輸出を行う事が可能ですので、査定額に関してもかなり期待できます。

また、輸出先の国数も多く、ハイエースなどの商業バンや10万キロを超えたボロい車であっても、一部の発展途上国では十分に需要のある車ですので、買取を行う事が可能なのです。

そういった面で言えば、どちらかというとカーネクストの方が万能な買取業者とも言えるでしょう。

>>カーネクストのサービス内容

 

ENGの評判

以上が、ENGの特徴や強みとなる情報となります。

こういったことから、そもそもENGを利用できるユーザーはごく少数のみとなっています。

が、該当者が少ない分、高額査定の可能性が非常に高くなる方々ばかりですので、当然その分ENGの評価はかなり高いものとなっています。

実際にENGを利用された方の評価としては、以下のような書き込みもございます。

3年前のヴェルファイアに乗っていましたが、買い替えることにしました。このような専門買取り会社があることを知り、申し込みしてみました。
事前に下取り価格を調べましたが、電話で提示された金額はずっと高く、すぐに買取りを決めました。
うちは福島県だったので買取り可能か気になりましたが、東北地方も買取りエリアとのことでした。

ヴェルファイアの売却専門店ということでこちらにお願いしてみました。一括査定のようなめんどうな手間は全くなく、1社だけで査定が終わるので苦労がありませんでした。
営業所は遠かったのですが、満足できる買取価格だったので不満はありません。グレードを上げて新車に買い換えできました。

なお、2つ目の口コミを書かれた方は、個人的にかなり賢いENGの活用方法をされているように感じました。

この方の手法としては、ENGの買取条件である「5年未満」の範囲内で車を下取りに出し、そのお金で新車の購入を行う前述でもご紹介した活用方法を実践されています。

もちろん差額などの細かい情報までは開示されていませんでしたが、下手をすると「車を乗りつぶして新車を購入」という方法よりも長期的に見たときのコスパが良くなる可能性も十分に考えられるでしょう。

何より、この方法であれば、ずっと新車レベルの車に乗り続ける事が可能である事から、車好きの方にはたまらない状況になる事でしょう。

 

ENGのまとめ

このようにENGは賢く利用する事で、非常に大きなメリットを享受できる数少ない業者となっています。

なので、利用ができる状況にある方には是非ともお勧めしたいサービスと言えるでしょう。

もちろん、記載の通り利用できる人(車)の条件は凄まじく厳しいものとなっていますので、該当できない場合は同じく海外への輸出ができるカーネクストに査定に出す逃げ道もありますので、ご安心ください。

ちなみにカーネクストは全国対応となっていますので、関東エリアの方以外でも利用は可能となっています。