静岡で車を買取に出そうと検討中の方であれば、オートベルという買取業者の名前を聞いた事があるかと思います。

しかし、このオートベルという業者がどのような特徴を持っていて、他社との違いとしてどのようなメリットがあるかなどまでは把握されていない方がほとんどでしょう。

そこで、ここではこのオートベルの特徴やメリットについてご紹介いたします。

オートベルの概要

まずはこのオートベルという買取業者の概要について確認していくことにしましょう!

オートベルの運営元情報

1つ目の情報として、オートベルを運営されている会所の情報を見ていきましょう。

冒頭でもご紹介の通り、オートベルは静岡周辺を中心に活動されている中古車の買取業者ですので、当然本社も静岡に置かれている会社でした。

会社 株式会社オートベル
本社住所 〒410-0011 静岡県沼津市岡宮1266-87
設立 昭和59年9月(法人設立 昭和62年11月)
資本金 9,900万円
代表 金指忠男
加盟団体 静岡中販連、自動車公正取引協議会、静岡県中小企業家同友会、中央会

住所も確認でき、資本金としても申し分ない金額ですので。会社としての信用度にも問題はないと言えるでしょう。

よって、買取の申し込みに関しても安心して申し込みができる業者と判断する事が可能でございます。

店舗情報

このオートベルという買取業者ですが、超大手の買取店のように全国展開をされているわけではなく、(現時点では)静岡県内のみに店舗を展開しており、全部で15店舗という数字になっています。

オートベルの店舗情報
御殿場店 三島店 沼津ぐるめ街道店
沼津バイパス店 富士旧国一天 富士宮バイパス店
清水インター店 静岡流通通り店 静岡見瀬店
藤枝店 榛南店 掛川店
浜松和田店 浜松入野店 浜松西ヶ崎店

実は新車の購入も可能

実際にオートベルのホームページをご覧になった事がある方であれば、実はオートベルでは新車の購入を行うことも可能となっているのです。

ただ、全メーカーの新車を購入する事ができるというわけではなく、スズキの車種のみに限定されています。

しかし、スズキであれば軽自動車も含めて全車種の販売が可能となっているのです。

 

オートベルの特徴やメリット

では、ここからはオートベルの特徴などについて触れていこうと思います。

オートベルの大まかなサービス内容としては、独自でYouTubeチャンネルを持たれており、その中の漫画風の動画で説明されていますので、併せてご覧いただければと思います。

訪問査定が可能

一つ目の特徴ですが、実は上記の動画の中では車を持ち込みして査定を行う流れで紹介されていますが、自宅まで出張査定を行うことも可能となっています。

これは確実にメリットとなる部分ですので、動画だけを見てしまった方は勘違いしやすい部分でもありますので、しっかりと把握しておきたい項目となります。

もちろん、出張での査定の場合であっても査定代は無料となっていますので、その点もご安心ください。

なでしこ店の導入

このオートベルでは、他の中古車買取業者では見た事がないユニークなサービスを導入されています。

それは、なでしこ店というサービスです。

この名前からある程度は推測できるかと思いますが、内容としては女性客の方でも安心して車の買取などの依頼ができるようにと、前述でご紹介した15店舗のうち3店舗では女性スタッフが中心となって営業されているのです。

特に査定となると、女性から男性スタッフに交渉できるか不安と思われている方も多いでしょうから、そう言った状況を緩和するための施策なのでしょう。

なお、なでしこ店は以下の店舗が該当します。

  • 富士旧国一店
  • 静岡流通通り店
  • 浜松西ヶ崎店

新車購入時の下取り制度

前述でもご紹介の通り、オートベルではスズキ限定ではありますが新車の購入も可能となっています。

もちろん、車がない状態でそのままオートベルで新車の購入を行うことも可能ではありますが、もっとお得な利用方法としては、やはり買い替え時期に合わせて今持っている車を下取りに出すという方法でしょう。

この方法であれば、車の買取を単体で行うよりも査定額(下取り額)を上げてもらえる可能性が大幅に高くなりますので、トータルのコストを抑えられる手法と言えるでしょう。

自動車税とリサイクル料金の返金

4つ目の特徴としては、これまた結構珍しい事に自動車税とリサイクル券の費用を返金してくれるという事をサイト上で明言している点でしょう。

実は、このあたりの知識は多くの一般人は正しく把握されていないので、うやむやにして店側の利益として取られる事が多いです。

その点では、オートベルではその点を明確に宣言している点から、不正行為やズルを行わない非常に誠実な業者と言えるでしょう。

自動車税の返金(還付金とは)

自動車税は売却や廃車の際の名義変更を行う事で毎年払っている税金の一部を返金する事ができるもので、別名「還付金」とも呼ばれるものです。

リサイクル料金とは

車を新車で購入する際に、車の廃車時に必要になるリサイクル料金をあらかじめ支払う必要があるものです。この費用は中古車買取などで売る場合には、リサイクル費用を払った照明であるリサイクル券も一緒に譲渡する事になりますので、この券の費用も買い取ってもらう事になります。なお、廃車(解体)時には、この費用は帰ってきませんのでご注意ください。

全国に向けてオークション販売

最後の特徴としては、オートベルでの買い取った車の捌き方についてです。

中古車買取店の中では、買い取った車をそのまま店舗で再販される業者が多いです。

しかし、オートベルの場合はメンテナンス(洗車や整備)を行なった後は、そのまま全国の業者が利用するオートオークションに出品してキャッシュフローの高速化を測っています。

これによりオークション利用による手数料は発生してしまうものの、在庫車の保管場所の確保や管理費用を抑える事ができ、その分コストを削減する事が可能となっているのです。

 

オートベルで高額査定を狙うには

以上のことから、オートベルでの中古車買取は非常に安心して任せる事ができることから、非常に無難な業者だという事が判断できるでしょう。

しかし、折角の車の買取ですので、可能であれば限界まで高値で売りたいところです。

なので、最後にそのコツについてご紹介させていただきます。

複数の業者に査定を出す

そのコツというのは、高額査定を行う方法としてはメジャーなものなのですが、複数の業者に査定に出すというものです。

これを行う事により、各社ともに買取(利益のチャンス)をいかに高額な金額を出して獲得できるかを競う事になりますので、こちらとしては面倒な交渉を行わずに自動的に査定額のUPを行わせる事が可能となるのです。

オートベルでの高額査定に関しては、この方法に尽きるでしょう。

※なお、通常であれば、そのコツの中には「査定前の洗車」が含まれるのですが、オートベルでは買い取った車はどのみち洗車する事になりますので、大きな汚れなどがある場合のみサッと水洗いする程度で十分です。

需要がなくなった車の場合

ただし、売ろうとしている車が、あまりにも古かったり多走行だった場合は話は異なります。

というのも、買取を行う車は、あくまでもオートオークションで入札される車である必要があります。

すなわち、すでに中古車としての需要がなくなっている状態の車に関しては、複数に査定に出してもそもそも買取を拒否される可能性さえありますので、そう言った車の場合は路線変更で廃車買取に出すようにしましょう。

廃車買取であれば、車の状態に関わらず車に使われている鉄資源やパーツに対しての査定になりますので、中古車としての買取よりも高額査定につながるのです。

ただ、自分の車に需要があるのかどうかの判断が出来ない事がほとんどでしょうから、そう言った場合は中古車としての買取も廃車としての買取も可能なカーネクストに査定に出すようにしましょう。

カーネクストであれば中古車としての査定を行ってもらえますが、中古車では難しいと判断されればそのまま廃車買取としての基準の査定に自動的に切り替えてもらえますので、一番適正な方法で売却する事が可能となるのです。

>>カーネクストのサービス内容