一時抹消登録した自動車の所有者を変更する方法

廃車

「自動車を廃車にする!」と言っても、その方法には種類が存在します。一般の方であれば『自動車の廃車=スクラップにする』というイメージを持っている方が多いかもしれませんが、自動車の廃車とは「その自動車の登録を抹消する手続き」の事なのです。
例えば、自動車がもう動かなくなっており、今後二度と使用しないといった場合には自動車の解体を前提とした『永久抹消登録』という廃車手続きを行うのですが、まだまだ走れる自動車でしばらく使用を中止するといった場合には『一時抹消登録』という廃車手続きを行います。この『一時抹消登録』という廃車手続きは、一時抹消登録中は自動車税等の税金の支払いをストップできるため、費用的なコストを削減する目的として行う事が多いです。

では、一時抹消登録をした自動車を知人に譲るといった場合には、その自動車の名義変更は出来るのか?疑問に思う方もいますよね。
結論から言ってしまうと一時抹消登録中の自動車でも、所有者の名義変更は可能です。これは、「所有者変更記録」という手続きになるのですが、あまりポピュラーな手続きではない為、一般の方であれば知らないという方がほとんどかもしれませんね。
そこで今回は、一時抹消登録をした自動車の所有者名義の変更手順をご紹介したいと思います。

そもそも名義変更ってする必要はある?

それではまず大前提として、一時抹消登録中の自動車は、所有者の名義変更を行う必要があるのか?という点から考えてみましょう。多くの方は「一時抹消しているのに、わざわざ所有者の名義を変更する必要なんてあるの?」と疑問に思うかもしれませんが、所有者名義の変更を行っていない場合には以下の様なリスクがあるのです。

自動車の現在の持ち主が書類上で分からなくなる
元の所有者が破産した場合、その自動車が差し押さえされてしまう
元の所有者が亡くなった場合、相続人との争いになる可能性がある
一時抹消登録中の自動車を購入した場合に、所有者の名義変更を行わなかった場合、上記の様なリスクがあるのです。特に知人との取引となると、正式な契約書も交わさずに売買が行われるといった事もあり、そういった場合には、お金をきちんと払って購入した自動車なのに自分が所有者だと証明する物がなくなってしまうのです。その為、元所有者に何らかのトラブルがあった時、その自動車の取り扱いで問題が発生してしまうリスクが常に付きまとう事となってしまいます。
所有者の名義変更は冒頭でご紹介した通り、そういった手続きがある事も知らない人もいますし、知っていたとしても手続きが面倒くさいと放置してしまう人もいます。しかし、上述の様なリスクを考えると、一時抹消中の自動車を手に入れた時にはきちんと所有者名義の変更は行った方が良いでしょう。

一時抹消登録した自動車の名義変更はどうする?

それでは一時抹消登録をした自動車の、所有者名義を変更する手順をご紹介していきましょう。手続きは最寄りの運輸支局や自動車検査登録事務所で行う事が可能ですので、わざわざ住所地を管轄する運輸支局などに行く必要はありません。
こういった自動車に関する手続きは、基本的にややこしくて、難しいと考えている方も多いかもしれませんが、『所有者変更記録』に関しては必要書類を用意して窓口に提出するだけとなりますのでそこまで身構える必要はありませんよ!
ただし、必要書類には元の所有者の協力が必要になる物もありますので、遠方の方から自動車を譲ってもらう場合には注意が必要です。

所有者変更記録』に必要な書類

『所有者変更記録』を行う場合には、以下の物を用意してください。

譲渡証明書(旧所有者の実印が押されているもの)
新しい所有者の住所が確認できる書類(住民票・印鑑証明書など)
登録識別情報等通知書または一時抹消登録証明書
申請書(第1号様式)
手数料納付書
新しい所有者の印鑑(認印でも可)
委任状(第三者が手続きをする場合に必要です。新所有者の認印を押印。)
申請書と手数料納付書に関しては運輸支局などに有りますので、手続き時に記入し、提出しましょう。譲渡証明書は、旧所有者の実印が必要ですので、予め用意しておく必要があるでしょう。

『所有者変更記録』の流れ

上記の書類が準備出来たら、最寄りの運輸支局や自動車検査登録事務所に行って実際に手続きを進めてください。上述の通り、手続き自体は各種書類を窓口に提出するだけで出来ますので、そこまでハードルの高い手続きではないでしょう。
『所有者変更記録』の手続きが完了すると「登録識別情報等通知書」が交付されます。この書類は、中古新規登録や解体届出の際に必要になる書類ですので無くさないよう大切に保管してください。「登録識別情報等通知書」は、再発行してもらう事ができないので注意しましょう!

まとめ

今回は、一時抹消登録をした自動車の所有者名義の変更手順をご紹介しました。『所有者変更記録』は、手続き自体は非常に単純で誰でも自分で行う事ができるものです。しかし、手続きを行うには様々な書類を準備しなければいけませんし、運輸支局などに手続きをしに行く必要があるなど手間や時間がかかる事も事実です。その為、面倒くさいという理由や、単純にその必要性を知らないといった理由で所有者の名義を変更せずにそのままにしてしまうといった事も少なくないでしょう。
こういった場合には、その自動車を所有している限り、本稿で紹介したような様々なリスクが常に付きまとっているという事です。将来、突然その自動車の所有権でトラブルにならない為にも、自動車の所有者名義は変更するようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました