自動車の廃車が必要になる場面を考えてみると、本当に様々な状況があると思います。例えば、古くなったけど、まだ動く自動車であればそこまで問題になりませんが、事故に遭って自走できなくなった自動車や、エンジンが壊れて動かなくなった自動車をガレージに放置しているといった場合、困ってしまうことがあるのです。
自動車の廃車にはいくつか種類がありますが、二度と使用しない自動車には永久抹消登録という廃車手続きを進めます。この永久抹消登録は、その自動車の解体が前提となり、解体工場まで自動車を運ばなければいけません。そこで、上述の様な『動かない自動車』であれば、レッカーサービスなどに依頼して運んでもらわなければいけないという状況が出てきます。しかし、普段レッカーサービスを利用する事などほとんどありませんし、「どうやって呼べばいいのか?」また「どのぐらいお金が掛かるのか?」等といった事が心配になることでしょう。
そこで今回は、不動車の廃車を進めようと思った時に必要になる『レッカーサービス』は、どのぐらいお金が掛かるのか等についてご紹介していきたいと思います。皆さんは『レッカー=JAF』と思っている人も多いと思いますが、実はレッカーと言っても色々なサービスがあるのですよ!

廃車をご検討の方に朗報!
廃車ってお金にならないよね?
廃車手続きって費用がかかるの?
どんな状態の車でも相場より高く売れるんです。しかも廃車手続きが無料!
>> 「何故、どんな車でも高く売れるのか」はコチラ

永久抹消登録は解体工場に持ち込まなければならない

それではまず、不動車を廃車にする場合の流れをおさらいしておきましょう。多くの方は、不動車だとしても「何とか中古車として売却したい!」と考える物でしょうが、動かない自動車は買い手がつかない為、ほとんどの場合『廃車』にするしかありません。そして、自走できないような二度と使用しない自動車は永久抹消登録という廃車手続きを進める事になります。以下に、普通車の一般的な廃車の流れをご紹介します。

  • STEP01 自動車を解体し、ナンバープレートを受け取る
    解体工場に自動車を持ち込み、自動車を解体してもらう。前後のナンバーはその後の手続きに必要になるので、受け取るのをお忘れなく。自動車の解体は費用が掛かる事がほとんどです。
  • STEP02 解体報告記録日を受け取る
    自動車の解体が完了すると、『解体報告記録日』を貰えます。これはその後の手続きで必要になります。
  • STEP03 必要な書類を準備し、陸運支局で手続き
    必要書類を集めて陸運支局で手続きを進め廃車は完了です。廃車に必要になる書類はコチラをご参照ください。

自動車の廃車は、上記の様な流れで進みます。これを見ても分かる通り、永久抹消登録は解体工場に自動車を持ち込み、解体してもらう必要があるのです。したがって、不動車の場合は、「どうやって解体工場まで持っていくのか?」という事が問題となるのです。
>> 解体工場に持ち込まず廃車を引取りに来てもらう

様々なレッカーサービスを比べてみましょう

不動車の廃車手続きを進めようと思った場合には、レッカーサービスが必要という事が分かりましたね。これは、ディーラー等に廃車を依頼する場合でも、基本的に別途レッカー費用を請求されます
そして覚えておいた方が良いのは、レッカー移動は依頼する業者によってサービス内容や必要になる費用が大きく異なるという事です。以下で、一般的なレッカーサービスの費用を見ていきましょう。

自動車のレッカーと言えば『JAF』

自動車の牽引でまず思い浮かぶのは『JAF』です。JAFは様々なロードサービスを行っている会社ですので、会員に入っている人も多いかもしれませんね。JAFのサービスは以下の様になっています。

一般道の場合

料金別 会員 非会員
8時~20時 20時~8時
基本料 無料
会員証は必ず携帯して、救援現場でご提示ください
8,230円
(税込金額)
10,290円
(税込金額)
作業料 工数0.5まで無料、工数の定めのない作業は、作業時間30分以内無料
けん引料 15kmまで無料
15km超過1km毎に720円
(税込金額)
1km毎に720円
(税込金額)

高速・専用道路の場合

料金別 会員 非会員
8時~20時 20時~8時
基本料 無料
会員証は必ず携帯して、
救援現場でご提示ください
A料金
本線上、加速・減速車線、バスストップ等、B料金以外の場合
16,460円
(税込金額)
19,540円
(税込金額)
B料金
サービスエリア・パーキングエリア内(加速・減速車線を除く)に出動し、
同所で作業が完了した場合
10,290円
(税込金額)
12,340円
(税込金額)
作業料 工数0.5まで無料、工数の定めのない作業は、作業時間30分以内無料
けん引料 15kmまで無料
15km超過1km毎に720円
(税込金額)
1km毎に720円
(税込金額)
部品・油脂・燃料代 実費(消費税を含む) 実費(消費税を含む)
ロードサービス車両の高速道路料金 無料 実費(消費税を含む)
後方警戒車両の高速道路料金 無料 実費(消費税を含む)

JAFのサービスは上記の様になっています。会員と非会員では大きく料金が異なりますので注意が必要です。

全国400社のレッカーネットワーク『FC24』

全国のレッカー会社をネットワーク組織にしたレッカーサービスを提供する会社です。自動車のレッカーが必要になった時には、近くのレッカー会社をスピーディーに紹介してくれます。

乗用車 故障車
(4ナンバー含む)
乗用車 事故車
(4ナンバー含む)
けん引基本料金 ¥8,000 ¥10,000
レッキング料金 ¥3,000 ¥3,000
▼ けん引基本料金にけん引距離料金が加算されます
けん引/1km ¥500 ¥500

任意保険に付属されるレッカーサービス

任意保険にはレッカーサービスが付帯されている物があります。基本的に保険会社指定の工場まで牽引する場合は、距離制限もなく無料で運んでもらえます。ただし、顧客指定の修理工場などに牽引する場合には、距離制限がありその制限を超えると別途費用が発生します。因みにソニー損保さんの牽引サービスは、2017年7月以降を始期日とする契約であれば、指定工場以外への牽引距離制限が『150kmまで』に大幅拡大されています
距離制限や、距離を超えた場合の費用などは保険会社ごとに異なりますので、詳しくは保険会社に問い合わせてください。

レッカーサービスは任意保険がお得

様々なレッカーサービスを見比べてみましたがいかがでしたでしょうか?単純に安さだけを考えると任意保険についているレッカーサービスを利用するのが牽引距離も長く良さそうですね。もちろん、レッカーサービスを利用しただけであれば、任意保険の『等級』に影響を与える事はありません。
万が一のためにと、JAFの会員になっているのであれば、こちらもお得に利用できそうです。ただし、一般のレッカーサービスやJAFを非会員で利用する場合にはかなりの料金が必要になります。念のため、現在加入している任意保険でレッカーサービスが利用できるのか確認しておくと良いかもしれませんね。

不動車の廃車は廃車買取業者がオススメ

ここまで、不動車の廃車手続きを進めようと思った時、必要になるレッカーサービスについてご紹介してきました。自動車の永久抹消登録を進めようと思えば、自動車の解体が必要になる為、自走できないのであれば、レッカーなどで牽引して持ち込むしかありません。JAFの会員になっている方や、任意保険のレッカーサービスを利用すれば費用的負担はそこまでないかもしれませんが、レッカーの手配など非常に手間が掛かるのも事実です。その上、解体が終わったとしても、その後には陸運支局での書類手続きなども必要になり、嫌になってしまう人も多い事でしょう。
そこで、このような不動車の廃車が必要になった場合には『廃車買取業者』に依頼することをお勧めします
廃車買取業者であれば、自走できない自動車の廃車であっても、自宅まで自動車を引取りにきてくれますし、廃車に関する手続きも全て無料で行ってくれるため、依頼者は自宅で待っていれば勝手に廃車が完了します。さらには、もう動かないようなボロボロの自動車であっても高額で買い取ってくれますので、全ての手間がなくなるうえにお金まで貰えるのです。
廃車買取業者に廃車を依頼すると、レッカー費用が不要になるだけでなくお金まで貰える為、最も賢い廃車方法と言えるのではないでしょうか!

廃車買取業者なら不動車でも相場より高く売れるんです。
>> 「何故、不動車でも高く売れるのか」はコチラ

まとめ

今回は、自動車の廃車ケースの中でも、エンジンなどが壊れて動かなくなってしまった自動車の廃車についてご紹介しました。本稿でもご紹介している通り、二度と使用しない自動車の永久抹消登録は、その自動車の解体が前提となる為、レッカーサービスなどを利用して解体工場まで運ぶ必要があるのです。レッカーサービスに関しては、普段必要になる場面もあまりありませんし、どこに依頼すればいいのか分からないと言う人は少なくないでしょう。
今回ご紹介したような業者に依頼すれば、問題なく解体工場まで自動車を運んでもらえます。しかし、どうせ廃車にするのであれば、まずは廃車買取業者に連絡してみる方が良いでしょう。廃車買取業者であれば、無料で自動車を引取りにきてくれますし、廃車手続きも無料で代行してくれます。さらに、動かない自動車であっても買い取ってくれますので、お得な事しかありませんよ!
自動車の廃車を思い立った時には、まず廃車買取業者に連絡してみましょう!