「運転初心者だから、ぶつけても後悔しないような車が欲しい」という場面や「もう販売されていない古い車を探している」という場面など、「廃車を売ってもらえないかな」と思う人もいるかもしれません。では実際に廃車を購入することは可能なのでしょうか。
今回はどこに行ったら購入することができるのか、また廃車を購入する際に気をつける点などをまとめました。特に法律については、しっかり確認して、不備がないようにしておきましょう。

廃車とはどういうものを指すの?

ボロボロで走れない状態になった車を廃車と呼ぶと思っている人がいますが、そうではありません。廃車にはきちんとした定義があります。

廃車とは、車やバイクなどを市役所などの行政施設で廃車手続きした車のことを指します。これにより、車としての登録は抹消されており、走れる状態だったとしても公道を走ることは許されません。

また、ボロボロで走れない車でも廃車手続きをしていなければ、登録は残っているので廃車ではありません。

廃車を買いたい。購入することは可能なの?

廃車を買いたい、と思っても周りに廃車購入経験がある人は少なく、相談できる人はいないことが多いです。実際に廃車を購入することはできるのでしょうか。

結論から言えば、廃車を購入することは可能です。しかし簡単ではありません

一口に廃車と言っても、廃車として扱われることになった経緯は主に2つあります。ひとつは事故などで故障してしまった場合、もうひとつは車検などを目処に車を買い換えた場合です。

事故などの故障が原因で廃車になった車は、目に見えているなどの分かりやすい故障の他にも故障箇所がある場合が多いです。修理費用が高額だったり、購入後しばらく経ってから急に故障してしまうなどのトラブルが起きることがあります。事故が原因で廃車になった車を購入するのはお勧めできません。

車検などの節目で買い換えた車はどうでしょうか。故障が原因ではないのに買い換えたということは、車検費用が高くなることが予想できたものです。それらの車を購入した場合、車検が通るように修理しパーツを交換すると、予想以上にお金が必要になることがあります

激安で購入できたとしても、走れるようにするためには、それなりにお金がかかることは知っておきましょう。

どこでなら買えるの?廃車の購入方法は?

廃車を買いたいと思った場合、どこに行けば購入できるのでしょうか?

友人が廃車を所有していたら?

身近な購入方法として、友人知人などの個人が自宅などで保管している廃車を購入するという方法があります。
しかし、個人同士の動産の売買は揃える書類が多く、不備なく用意するのは難しいと感じることもあります。

また、知人同士のお金のやりとりはトラブルの元になるので、なるべく避けたいと思っている人が多いようです。個人同士で売買する場合は詳しい人にアドバイスを求めるなどして、後から不備がないようにしましょう。

廃車専門業者から廃車を購入できる?

廃車業者から廃車を購入することは可能です。廃車専門業者というと、ボロボロの車が積み上がっている工場などを想像して「そこでは車は買えないのでは?」と思う人も多いようです。しかし、実際には走行可能な車も保管してある場合があります。

廃車専門業者は国内で車として販売することを目的としていないので、中古車雑誌などには掲載されません。いくつかの業者を回り、「こんな車を探している」と伝え、業者の元に希望の車がきた時に連絡をもらえるようにしておきましょう

元の持ち主が廃車にした方が良い、と判断した車ばかりなので、状態の良いものがすぐに手に入ることは少ないです。今すぐ車が必要な人は、廃車ではなく中古車を探した方が早いでしょう。

廃車購入時の注意点。法律にも気をつけよう

廃車は購入できますが、新車や中古車では必要のない手続きがあります。法律上も注意しなければいけない点がありますので、確認しておきましょう。

自動車リサイクル法に注意

自動車リサイクル法とは、廃車にした車をきちんとリサイクルするように定めた法律です。それにかかる費用は車の所有者が支払うことになっており、施行されたのは2005年です。

車を購入する際に、所有者がリサイクル料金を先払いしているため、廃車になった時点では、業者などが所有権を持っています。購入したい車が、すでに法律にしたがってリサイクルの過程に入っており、一部でもリサイクルされている部品があると、購入できないことが多いようです。

またリサイクル法に関する書類が揃っていない廃車は、購入することができません。

抹消登録してあるので新規登録、車検も必要

廃車を購入してから、公道を走れるようになるまでにはいくつもの手続きが必要です。まずは抹消登録された車を中古車として新規に登録し直す必要があります。なお、永久抹消登録された車は新規登録できませんので、ご注意ください。

また、廃車前に車検が残っていた車でも、一度廃車にすると車検は切れてしまいます。廃車を購入した場合は必ず車検を通さなくてはいけません。

車検を通すためには運輸支局等まで車体を運ぶ必要がありますが、廃車の状態では公道が走れないので、仮ナンバーを申請する必要があり、各市町村役場か運輸支局で申請できます。また公道を走るので自賠責保険もかけなければいけません。こちらはそれぞれの保険会社に連絡します。仮ナンバーの有効期限は5日間です。「次の週末に」と思っていると期限が切れてしまうことがあります。

車検と新規登録の際に必要となる書類は、以下の通りです。

  • 申請書
  • 自賠責保険証明書
  • 一時抹消登録証明書
  • 自動車検査票
  • 定期点検整備記録簿
  • 所有者の印鑑
  • 所有者の印鑑証明書
  • 車庫証明
  • 手数料納付書
  • 自動車重量税納付書

このように数が多いです。所有者以外が申請する場合は委任状など、さらに書類が追加で必要になります。

これらを持って運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)へ車体を持ち込み、車検を受けることになります。

友人などから譲り受けた場合に必要な手続きは?

業者以外から譲り受けた場合は、譲渡証明書を作成しなくてはいけません。譲渡証明書には決まった書式は特になく、必要事項さえ記入してあれば、手書きの書類でも問題ありません。

記載事項は

  • 車名(メーカー)
  • 型式
  • 車台番号
  • 原動機の型式
  • 元の所有者の住所と氏名
  • 元の所有者の実印
  • 新しい所有者の住所と氏名
  • 譲渡された日

です。検索するとテンプレートも見つかるので、利用すると記載漏れがなく良いでしょう。

また忘れがちなのが名義変更です。譲渡証明と名義変更は別の手続きが必要です。名義変更は運輸支局に元の所有者と新しい所有者が一緒に訪れる必要がありますが、大抵は新しい所有者が一人で運輸支局に行くことになります。その場合は元の所有者の委任状が必要になります。

車検に通った後は

車検に通ったら、運輸支局の交付窓口で車検証とナンバープレートの発行を申請します。これが交付され、ナンバープレートを車に取り付けたら車道の走行が可能となるのです。

手続きは自分でやるべき?

上記の手続きを見て「これは面倒だ」と思った人もいるでしょう。これらの手続きを代行してくれる業者もいます。
しかし、ほとんどの人が車を安く手に入れるために、廃車を買いたいと考えています。代行手数料という出費を抑えたければ、自分でやるしかありません。

書類の不備で車検が通らない、ということがないように、車検の予約をした際に必要書類を再度確認するのがおすすめです。特に仮ナンバーは期限が短いので、不備があると仮ナンバーの申請からやり直しという人も多いです。

まとめ

廃車を買いたいという人は、少なからずいるそうです。理由として安く手に入れられるという点をメリットと考えるからです。しかし、購入方法といえば廃車業者を回って、「こんな車が出てきたら連絡をください」と伝えて、ひたすら待つという方法です。そのため、廃車を購入することは急いで車を買いたい人には向いていません。

また、実際に廃車を購入してから公道を走れるようにするためは多くの書類と手続きが必要です。修理が必要な箇所も多く、車検を通す必要もあるので、想定以上のお金がかかることもあると覚えておきましょう。