使わない車を持ち続けることも法律上は可能ですが、乗れなくなった車は処分する必要がありますよね。「廃車」は一般的にも用いられている言葉ですが、廃車代行業者さんのホームページなどでは、「廃車 解体 承ります」などと募集されています。この2つの単語、「廃車」と「解体」で定義は違うのでしょうか?わかりやすく皆さんにご説明します。

廃車と解体の違い

まずは廃車と解体の違いについてご説明します。違いがあると知らない人も多いでしょう。

「廃車」と「解体」は別の作業です。

車は、要らなくなったり乗れなくなったとき、廃車しますよね。廃車された車は、特定の解体業者に引き渡された後、分解・粉砕が行われて解体されます

廃車は車を手放す書類上の手続き解体は車を実際に分解する作業であると言えます。

最終的に解体するのであれば、そのまま解体業者に引き渡せば良いのではないのか?と思われる方もいるかも知れませんが、車というものは購入後に登録処理が行われます。

購入され人の手に渡った車は普通車であれば「陸運局」という機関が、軽自動車であれば「軽自動車検査協会」という機関でそれぞれ登録されており、誰がどの自動車を所有しているのか管理されています。

そしてこの登録された情報のもと、車の所有者に自動車税がきちんと収められているかを確認しているのです。車を手放す場合、この登録を抹消しなければ、例え手元に車が無かったとしても、自動車税を支払う義務が生じます。

>> 廃車買取専門店はコチラ

「一時抹消登録」と「永久抹消登録」

車が解体されるためには、いわゆる「廃車手続き」以外の書類上の手続きが必要です。

前述した登録情報の抹消も2種類あって、「一時抹消登録」と「永久抹消登録」があります。これも簡単に一時抹消登録が廃車、永久抹消登録が解体と分けて覚えると簡単です。

一時抹消登録は「まだ乗ることはあるだろうが、当分は乗らない」というような状態の時に、自動車税を支払わなくて済むようにする登録の事です。廃車手続きこそしますが、あくまでも一時的に乗りませんという状態であり、そのまま車が解体業者に引き渡される事はありません。こちらは手続きだけで大丈夫です。

対して永久抹消登録は「二度とこの車には乗らない」というケースに行う登録です。こちらは手続きを終えた後、きちんと登録情報の抹消を完了するためには「車を手放した」という証拠が求められます。

そこで用意するのが解体届出というもので、これは解体業者が車の解体を終えたことを証明する物です。これが無ければ永久抹消登録は完了できません。更にちょっとややこしい事に、普通自動車と軽自動車では登録情報の抹消の呼び方が違います。

軽自動車の場合、普通自動車における一時抹消登録は「自動車検査証返納届」と呼ばれており、永久抹消登録は「解体返納」と呼びます。覚えておきましょう。
>> 一時抹消や永久抹消を無料で依頼できる

廃車手続きを自分で行う場合

廃車は、「自分で手続を行う」か「業者に手続きを依頼する」のどちらかを選択できます。

どちらが楽かと言うと、後者の方が圧倒的に楽です。というのも、自身が手続きを行う場合は、普通自動車であれば陸運局に行って手続きを行う必要がありますが、通常のお役所と同じく平日のみの営業であり、社会人の方であれば会社を休まなければいけないかも知れません。

また、必要な書類などを全てきちんと揃えなければらなず、少しでも不備があれば更に時間がかかってしまい、結果としてまた休みを取る事態も発生しかねません。そのため自分で廃車手続きを行いたい方は、周到に準備をしましょう。極力面倒な手続きは省きたいという方であれば、代行業者へ依頼してください。

廃車代行を依頼できる3つの業者

廃車代行を請け負ってくれる業者は、大別して3つに分けられます。廃車・解体を依頼できる主たる業者は、「ディーラー」「廃車業者」「解体業者」の3者。あくまでも傾向ですが、「ディーラー」「廃車業者」「解体業者」では、費用面で差があります。

ディーラー

ではまずディーラーに手続きを依頼した場合について解説します。

ディーラーは、「車を売る」ことが業務であり、それ以外の業務には基本的に力を割いていません。

あくまでも車を売ることが本業のため、結局手続きを依頼しても、他の廃車業者に依頼することになって、別途の中間マージンが発生したりします。

そのためディーラーに廃車代行を依頼するのは、最も遠回りかつ、不要な費用がかさんでしまう可能性の高い選択肢であると言えるでしょう。

>> ディーラーよりお得に廃車にするには

解体業者

解体業者とは、直接車の解体を行い、解体届出を用意してくれる業者です。基本的にディーラーも、後述する廃車業者も、最終的にはこの解体業者へ依頼することになります。

それならば直接解体業者に依頼すれば良いのではないか?と思われるかも知れませんが、ディーラーと比較すると中間業者への支払う依頼料が発生しなくなるものの、大半の場合廃車手数料が請求されてしまいます。

廃車にする車を持ち込めば手数料が減ったりもしますが、それでも無償で廃車手続きを請け負ってくれる解体業者は多くありません。

>> 解体業者よりお得に廃車にするには

廃車代行業者

では最後に廃車代行業者を選んだ場合。

廃車代行業者は基本的に「廃車手続きが無料」という特徴があり、むしろ車を買い取ってもらえたりもします。

「お世話になっている人に仕事を依頼したい」など、特別な理由がある場合は別として、廃車代行業者への依頼がおすすめです。

>> 廃車買取業者に無料査定を依頼するには

なぜ廃車を買い取ってもらえるのか?

廃車代行業者に見積もりを依頼して、走行もできないような車であるにも関わらず、思わぬ買取価格がつくことは珍しくありません。

これはなぜかというと、多くの廃車業者は中古パーツの販路や、金属部品リサイクルのルートを確立しており、廃車引き取りで利益を出せるためです。どのパーツがどう再利用されるか、どのように利用することができるかをきちんと把握し、かつ利益を出すための販路とルートがあるからこそ、手数料を徴収せずとも廃車代行業は運営できています。

ただ、どの廃車代行業者も同じ価格で査定してくれるというわけではないため、単純に要らない車を処分して欲しいという人ならともかく、少しでも高く引き取って欲しいという方は、複数の業者を利用して、査定額をしっかりと比較しましょう。

まとめ

以上、廃車と解体の違いについて解説致しました。

廃車はあくまでも解体の前段階です。廃車手続きを経ても、実際に解体届出が提出される前ならば一時抹消登録の段階であり、必要になればまた乗れます。「廃車」とは、あくまでも登録の抹消に過ぎないことを覚えておいてください。