車を買取に出そうと考えた場合、多くの方が選択肢の一つにあげるであろうガリバー。

車を走らせていると一度は見かけた事があるこのガリバーですが、何やら評判を検索してみると低評価が目立っているので、査定に申し込みするのも気が引けてしまうでしょう。

しかし、実はガリバーは使い方次第では、査定において有利になるコツが存在しているのです。

そこで、ここでは車の買取店ガリバーの評判や高額査定をさせる方法についてご紹介いたします。

車買取ガリバーの悪評について

冒頭でもご紹介の通り、ガリバーの評判をネットで検索すると、残念なことに高評価は少なく低評価が多いという状況にあります。

では、実際にネットで上がっている悪評にはどういったものがあるのかを具体的に見ていきましょう。

買取り査定額に対する低評価

まずは、車を売ろうとしている者にとって一番重要な査定額に対する低評価について見ていきましょう。

他にも結構査定額が安いという口コミを大量に見つける事ができました。

詳細は後述しますが、ガリバーは実際のところ高額査定が可能な業者なのですが、それにはコツが必要なのです。逆にそのコツなしで査定に挑んでも、上記のような納得できない金額になる事が多いようです。

接客に対する低評価

続いては接客態度に関する低評価について見ていきましょう。

このように、やはり接客関連でもガリバーは劣勢になっているようです。

実際、オリコンの顧客満足度ではガリバーはまさかの圏外と散々たる結果となっているのです。

ただし、この顧客満足度には買取査定額に対する満足度も含まれているため、接客態度だけで見れば査定額の低評価ほど数は多くないのです。

つまり、簡単な表現で言えば、ガリバーの接客は「まだマシ」と言えるのです。

ガリバーってどんな車買取店?

そもそもガリバーはどのような業者なのか。

なぜこのような結果になってしまっているかのヒントになる要因も含まれていますので、その情報についても見ていきましょう。

概要

ガリバーはご存知の通り中古車の買取を行いますし、買い取った車は自社内で保有する販路で販売しています。

顧客満足度では残念ながらいい数字は得られていませんが、買取実績数に関しては全国の店舗数と共に1位になっている会社ですので、流通数やノウハウはずば抜けて高い状態にあるのです。

車売買の特徴

ガリバーは顧客から買い取った車を再販することはもちろんですが、その方法がかなり多様です。

当然、店舗をいくつも持っていますので、そこで一般客に再販することも行います。

その際に、単純に「ガリバー」の店舗で売るだけではなく、「ガリバーアウトレット」や「LIBERALA」、「ミニクル」など車種などに分けて専門店で売るという手法を取られています。

これにより在庫管理を適正化させて、売買リサイクルを高速化する事で莫大な買取車を効率よく現金化させているのです。

ガリバーで査定額が低くなる要因

それでは、ここからが本題。

ガリバーで査定額が低くなってしまう原因についてご紹介していきましょう。

恐らくこの部分がガリバーが低評価に直結している部分になりますので、利用者としても十分に把握しておく必要がある項目となります。

営業マンがやり手で交渉難易度が高い

まず一つ目の要因としては、やはり営業マンが強過ぎる点にあります。

査定額というのは、あくまで人が目視で確認して判断する部分が多いので、実際に査定を行う方の裁量が非常に大きく反映されてしまいます。

ちなみに、ガリバーの査定では最終的にチェック項目を本部に報告して、そのチェック項目に基づき全社共通で設定されている査定額になるようになっています。

が、これはあくまでも表向きの査定額ですので、実際のところは初めに提示される査定額よりも高く買い取ってもガリバーとしては全然利益が出せる金額なのです。

なので、ここからが交渉の勝負所となるのですが、ガリバーの営業マンはかなり場数を踏んでいる人ばかりですので、そういった交渉ごとにはめっぽう強いのです。

古い車は不利になる

次に、売りに出そうとしている車が古い車の場合も、ガリバーでは不利になる事が多いです。

ガリバーではそういった車でも買取を行うことは可能ではありますが、そういった車をガリバーの中古車販売で確認すると10万円前後の金額で売られている事がほとんどなのです。

もちろんそれらには整備費用や人件費も含まれての販売価格ですので、その車の仕入れ(買取)の際には高額な査定を行うことはできないのです。

正直、こればかりはこちらも頑張りようがないので、そういった車の場合は廃車買取に出した方がむしろ高額になる事が多いのです。

>>廃車の買取もできる買取店

ガリバーで高額査定をさせる方法

前述の通り、ガリバーでは以下の2点の条件を揃えないと高額査定に持っていくことは非常に難しいです。

  1. 中古車として価値の高い車である事
  2. 査定の際に高額査定を出させる状況

1つ目はともかく、2つ目の条件は真正面から正攻法で攻めるのは、かなり難易度が高く誰しもが出来る事ではありません。

しかし、これからご紹介する方法を実践していただければ、面倒な交渉を行わずとも半自動的に高額査定に持っていく事ができるのです。

洗車は忘れずに

まずは、査定の際の前提として、査定を行う直前でもいいので、必ず洗車を行ってから車をガリバー店舗に持ち込むなり、自宅まで訪問査定してもらうように予約を入れましょう。

というのも、既述の内容ではありますが、あくまで査定を行う際のチェック項目は人の目で確認して行うことになります。

なので、その際にドロドロの汚い車の査定のまま持っていくと、当然査定員から見た車の印象は最悪なものになります。

なので、面倒ではありますが、査定の際には洗車を行ってできる限り査定員の印象をよくしておきましょう。

また、清掃の際には外装だけではなく内装の掃除もしておくように心がけましょう。

※特にタバコ臭は念入りに。

競合他社を複数査定で作る

続いて紹介するコツは、かなりの効果が期待できる方法となります。

それは、ガリバーの営業マンと言えど、高額査定を出さなければいけない状況を作る方法です。

具体的な内容は非常にシンプルで、単純に複数の買取店に査定の申し込みを行い、擬似的なオークション状態にするのです。

ガリバーとしても、利益を得るための「中古車販売」を行うには「中古車の買取」が必要不可欠ですので、何としてもガリバーに車を売ってもらうために高めの査定額を出してくれるのです。

なお、この方法の注意点はガリバーは1社目に申し込みするのではなく、2社目以降もしくは最後に申し込みするようにしましょう。

古い車はそもそも別の方法で

3つ目のコツは、条件1の「中古車としての価値がある車」に該当しない車、すなわち低年式(古い)もしくは多走行の車に関する方法です。

こちらも記事内ですでに触れていましたが、特にガリバーにおいてはスズメの涙程度にしか査定額を提示してもらうことはできないでしょう。(下手をすると処分する費用の請求をされることもあります。)

なので、基本的にこういった車は「中古車」という概念を捨てて、「廃車」として廃車買取に出す方がいいのです。

なぜなら、廃車買取の場合は車に使われている鉄資源や大量のリサイクル可能なパーツの塊として査定を行う事ができるので、中古車として買取に出すよりも高額査定につながる可能性があるのです。

廃車買取はカーネクストがオススメ

なお、廃車買取に出す場合にはカーネクストという買取店がオススメです。

このカーネクストの特徴としては、廃車や車の引き上げに請求される事がある手数料が全て無料になっているのです。

しかもそれだけではなく、海外販路を持っていることから日本市場では廃車確定の車でも、車種次第では海外で中古車として取引できるのです。

加えて、現在海外(特に発展途上国)では、日本社の人気がかなり高まっており、10万キロ超えのかなり古い車でも「日本車=ステータス」というブームからかなりの高値で取引される可能性もあるのです。

なので、基本的に高年式・低年式にかかわらず、中古車であればカーネクストに一度申し込みしておくべきでしょう。

>>カーネクストの内容

ガリバーは使い方次第!

以上が、ガリバーに関する情報となります。

ネットで出回っているガリバーの低評価な口コミは、おそらくは真実でしょうがご紹介の通り使い方次第では高額査定に持っていける業者であります。

実際、車の買取業界でここまで大きくなれるということは、それだけ利益を多くとって入り状態ですので、逆を言えばその分を買取額に還元できる余裕があるという事にもつながります。

なので、ハナから諦めるのではなく、複数査定に出してダメ元でご紹介したコツを実践していただければと思います。