俳優の佐藤隆太さんのCMでおなじみのビッグモーターですが、実は買取業界の中では口コミや評価は結構少ない数字となってしまっている業者なのです。

しかし、実はこのビッグモーターは使い方次第ではかなりお得に買取をさせる事ができる優良企業なのです。

そこで、今回はそんなビッグモーターに関する情報をご紹介しようと思います。

ビッグモーターの評価はどんな感じ?

では、まだビッグモーターの評価についてご存知ない方のために、実際に買取を行った方がどのようなコメントをしているのかをご紹介いたしましょう。

買取の査定額に対する不満編

まずは、車を買取に出す際に一番重要なチェック項目である「査定額」について。

詳細は後述しますが、実はビッグモーターはその仕組み上、結構な高額査定を行う事ができる業者であります。

しかし、実際のところは他社よりも低い査定額になっている事が、非常に多いようなのです。

対応やミスに関する不満編

続いては、苦情やクレームに発展する事が多い接客態度や、業務上のミスに関する不評についても見ていきましょう。

ミスに関しては、人間ですからある程度は仕方ないとは思いますが、ビッグモーターで起こっているミスはなかなかに驚いてしまうようなものが多く、流石に引いてしまうようなものも多い印象にあります。

実際、店舗数は多いので、従業員一人一人に対して接客に関する研修を行うのは大変なのかもしれませんね。

 

ビッグモーターってどんな会社?

この車の買取業界ではおそらく最大手のガリバーの認知度がダントツで高いでしょうから、もしかしたらビッグモーターのことをご存じない方もいることでしょう。

そこで、続いてはそもそもの話、ビッグモーターがどんな会社なのかという点についてご紹介いたします。

会社概要

まず、ビッグモーターは株式会社ビッグモーターが運営しており、本社は東京にあります。

少し前に関西ではそこそこの知名度があった「ハナテン」という中古車買取店を傘下に加えて、近年徐々に勢力を強めていっている会社です。

業務としては、基本的には中古車の売買ですが、板金や整備&車検、自動車保険の代理店業務もその一環としてサービス提供されています。

ビッグモーターの手法

このビッグモーターは、最大手のガリバーとは異なる手法で営業されている会社です。

具体的には顧客との直接のやりとりを徹底されており、車の買取は全て顧客から直接買取、買い取った車に関してもオークションなどを使うことなく全て自社(店舗とネット経由)で販売されています。

そのため、無駄な仲介費用を発生させることなく、その浮いたお金が利益となっている状態です。

別の言い方をすれば、その分だけ査定額をあげられる可能性が残っているという事になります。

査定額が低くなりがち

そしてビッグモーターがどんな会社かを知る際に、一番しっかりと把握しておきたい部分としては、やはり査定額の実情についてでしょう。

ただ、これに関しては上記で仲介コストを省く事に成功しているという話から、ある程度は他社よりも期待できるように思われます。

しかしながら、冒頭でご紹介した通りビッグモーターの査定額の評判は、車買取の業界内で見ても平均以下という残念な結果となっています。

ビッグモーターで査定額が低くなる理由

では、なぜ高額査定の可能性が高いビッグモーターで、このような低い査定額になっているのか。

その理由について考えてみましょう。

大きな会社には優秀な人材が集まりやすい

まず一つ目に考えられる理由としては、ビッグモーターほどの大きな会社ですから、当然車関係の仕事をしたいと考えている人の中でも安定性の高い企業、すなわち大手に位置する考えたいと思うでしょう。

そうなると当然、多くの方がビッグモーターへの就職を希望し、優秀な人間と判断された人から採用されていく事になります。

ちなみに、ここで言う人間とは会社に利益をもたらすことの出来る人間と言う意味ですので、その貢献方法としては安く買取を行い、それを再販で高く売る事ができるという意味です。

(文字で書くと悪いことをしている様に見えますが、基本的に買取店の利益はこの式で成り立つものですので、特別「悪」とい言う訳ではありません)

なので、現状ビッグモーターで買取を担当してもらえるスタッフは、営業に関してはそれなりに高いレベルの人が多い、すなわち安くなりがちになるという事に繋がるのです。

相場が分からないと判断基準が作れない

2つ目の考えられる理由としては、判断基準がないので提示される査定額が妥当な金額が判断できないと言うケースも考えられます。

なお、これには2つのニュアンスが含まれています。

一つは、本当に中古車市場で価値がない様な車だが、愛着心から30万円位は行くだろうと予想するも、実際にどこの店舗でも2〜3万円が限界という場合です。

この場合、1社目がビッグモーターでの査定で、3万円と査定額の提示をされれば「ビッグモーター は査定額が低すぎる」となるでしょう。

つまり、相場を知らないことから発生する売主の勘違いパターンです。

もう一つは、本当は中古車市場では60万円で買取が可能な車なのに「10万円で売れれば御の字だろう」と安く予想していたため、提示された査定額が20万円で即決。

しかし、後から他社で調べたら60万円だったことが発覚し、「ビッグモーターで安く買い叩かれた!」となってしまう査定交渉で負けたパターン(ある意味これも勘違い)でしょう。

前者に関しては、車自体がそういう状態ですのでどうしようもないですが、後者に関しては完全に損してしまっていますので、やはりビッグモーターでの査定の際には相場を知ることが重要になる事でしょう。

ビッグモーターで高額査定を行う方法

以上のことから、無策でビッグモーターで車を買取に出す場合には、そこそこの覚悟が必要になるでしょう。

それこそ、そこそこ車に関する知識があり、普段からゴリゴリの営業をされている様な方であれば査定額の交渉でも戦えるでしょうが、それ以外の大多数の方には少し難易度の高い課題となるでしょう。

しかし、そんなビッグモーターでもコツと事前準備さえ行っておけば、高額査定を狙うことも十分可能なのです。

その為には、前述でも紹介した以下の問題点を解消する必要があります。

  1. 車の査定額の相場を知る
  2. 査定額UPに交渉が必要という状況を変える

ビッグモーターで高額査定を掴む具体策

これらを踏まえて、ビッグモーターでトーク力に自信がない方でも高額査定を行うにはある事を行う必要があります。

それは、複数の会社に査定を出すという事です!

「それだけ?」と思われるかもしれませんが、これを行うだけで上記でご紹介した問題点の両方を一気に解決することができるのです。

というのも、複数の買取店に車を査定に出す事によって、それぞれの業者から査定額の提示をしてもらうことができますので、単純にそれらの査定額の平均を出せば、自ずと買取の際の相場が見えてくるでしょう。

加えて、複数の業者に査定に出している事をスタッフに伝えておけば、「(下手に安い金額を出してしまうと、他社に車を取られてしまう)」という認識が査定員に芽生えます。

そうなれば、各社ともに高めの金額で提示する様になりますので、こちらとしては自動的に査定額が上がっていくシステムを最短で構築することが出来るのです。

注意点は、査定の前に査定員に複数で査定に出している事を伝えないと意味がないので、その点だけは注意しましょう。

例外も存在する

ただし、これには例外も存在します。

その例外とは、売ろうとしている車自体が古すぎて、そもそも中古車としての価値がなくなっている場合です。

買取店は買った車を再販し、その差額で利益を得ていますので、そもそも再販に出しても買い手がつかない様な車に関しては、買取を行うメリットが何もないのです。

なので、そういった車の場合は中古車として価値は0円(下手するとマイナス)なので、古さに関係なく車に使われている鉄資源やパーツに対して査定を行ってもらえる廃車買取に出す様にしましょう。

カーネクストを推奨

なお、廃車買取の業者の中には、廃車費用や車の引き取りに手数料がかかってしまう業者もいますので、基本的にはカーネクストでの申し込みをオススメします。

このカーネクストの特徴としては、廃車として車を買取することも可能ですし、中古車として価値がある車であればそのまま中古車として査定を行うことが出来るのです。

しかも、カーネクストは海外販路も持っているので、車種によっては日本市場向けの査定額よりもズバ抜けて高額査定になる可能性も秘めているのです。

加えて、査定の際には訪問査定や持ち込み査定は不要で、電話1本で査定を行うことが可能(車検証情報が必要)ですので、複数査定の際の1社としても使うことが可能です。

なので、中古車の査定を行う際には、どんな車であっても一度は査定に出す価値がある業者と言えるでしょう。

>>カーネクストの査定について

ビッグモーターは使い方次第

以上が、ビッグモーターに関する情報となります。

実際にツイッターやその他口コミサイトで投稿されている内容は、真実である内容も多いでしょう。

しかし、ここで紹介している様に、その内容としてはやり方次第で好転する可能性を秘めているものとなりますので、あまり悲観的にならずに「駄目で元々」という気持ちでトライしてみるのも良いでしょう。