皆様は、普段使用している自動車の廃車が必要になった場合、どうすればいいのか考えたことがあるでしょうか?一般的に、自動車の処分が必要になった際には、まず中古車販売店やディーラー等に下取りに出そうと考える方がほとんどだと思います。しかし、自動車の状態によっては、『下取り査定額0円』等と買取りを拒否されてしまう事も珍しい事ではなく、このような場合、その自動車は廃車にするしかありません。査定がつかなかった自動車の場合、基本的には下取り査定をしてくれたディーラー等に自動車の処分を依頼することも出来ますが、その場合、処分するにも少なくない費用が必要になる事がほとんどです。
もちろん、自動車の廃車は自分で進める事も出来ますが、運輸支局などは平日しか業務を行っていない為、平日は仕事で手続きが出来ないと言う人や、わざわざ取った休みを廃車手続きに使いたくないと言う人であれば業者さんに依頼するしかありません。もちろん最近では、廃車を代行してくれる業者もたくさんありますので、廃車手続き自体が出来なくて困ってしまうという事はあまりないでしょう。
本稿では、廃車手続きを自分で行うのではなく、業者に依頼した場合の流れと必要になる書類についてご紹介していきたいと思います。

廃車って誰がする物?

それでは最初に、『廃車手続きは誰が行う物なのか?』について触れておきましょう。一般の方であれば、生きているうちに一度も廃車の現場に立ち会う事がないと言う人も少なくなく、廃車は専門の業者しか行えない物だと考えている人も多いかもしれませんね。しかし、自動車の廃車は、そこまで専門的知識が必要な訳でもなく、手続きの進め方などを少し調べれば、誰でも行える手続きです。一般的な廃車パターンを以下にご紹介しておきますので、参考にしてみてください。

  • ディーラーや中古車販売店に廃車を依頼する
    廃車を進めるパターンで、現在一番多いパターンかもしれませんね。これは、下取り査定のそのままの流れで、買い取ってもらえなかった自動車の廃車を依頼する場合です。解体や書類手続きなど、業者が全て行ってくれるので手間や時間がかからないのがメリットですが、手続き代行手数料が必要になります。
  • 行政書士に依頼する
    書類作成や行政機関での手続き代行が主な仕事の行政書士は廃車手続きも行ってくれます。もちろん手続き代行費用は必要になります。さらに、自動車を自分で解体業者へ持ち込まなければならない等、全ての手間がなくなるわけではないので、少し中途半端なイメージがあります。
  • 自分で廃車手続きを進める
    自動車の廃車は、知識さえあれば自分で進める事も可能です。これは、ディーラーや行政書士に依頼した時に必要になる手数料を削減することが出来ますが、書類作成や行政機関での手続きなど、手間も時間もかかります。
  • 廃車買取業者に引き取ってもらう
    『廃車買取業者』は聞き慣れない言葉かもしれませんが、近年最もオススメな廃車方法です。廃車買取業者は、全ての廃車手続きを無料で行ってくれますので、自動車の所有者は何の手間もなく廃車が出来ます。さらに廃車買取業者は、廃車にするようなボロボロの自動車でも買い取ってくれるため、他の廃車方法とは違い自動車を処分するのにお金が貰えると言う非常に大きなメリットがあります。

業者に廃車を依頼する場合を考えてみよう!

単純に廃車と言っても、進め方にはいろいろな種類があるとわかりましたね。ここでは、ディーラーや中古車販売店に自動車の廃車手続きを依頼する場合の流れを考えてみましょう。ディーラーや中古車販売店で新しく自動車を買い替える場合などであれば、サービスとして無料で廃車手続きを進めてくれる場合もありますが、自動車の処分だけとなると手数料が必要になると思っておいた方が良いでしょう。

おすすめの廃車買取業者

自動車の廃車手続きの専門業者をご紹介します。カーネクストは、全国対応で廃車手続きを行っている廃車専門店です。古い車や過走行車、不動車や事故車を専門で買取を行っており、陸運局での廃車手続き費用が無料、レッカー引取り代も完全無料のサービスです。


実際の廃車の流れ

それでは、業者さんに廃車手続きを依頼する場合の基本的な流れを見てみましょう。

STEP1 依頼する業者を決める

ディーラーや中古車販売店の様な業者は、あくまでも自動車の販売がメインですので廃車のプロではありません。その為、業者さんによってはお金を払ったとしても廃車手続きを断られる場合もあるでしょう。基本的には、普段から付き合いのあるディーラー等に廃車手続きを代行して貰うのが安心でしょう。

STEP2 自動車の引取り方法を決める

自走できる自動車であれば、自分で運転してディーラーまで持ち込めばいいのですが、時にはエンジンが故障して動かないといった場合もあるでしょう。この場合、自分でレッカーなどを用意するのか、業者さんに引き取りに来てもらうのか決める必要があります。どちらにしても、自走できない場合は別途レッカー費用が必要になります。

STEP3 必要書類を業者さんに提出

免許のコピーや車検証など、必要書類を業者さんに提出します。

STEP4 業者さんが廃車手続きを進める

自動車の引き渡しと必要書類の提出が完了すれば、あとは業者さんが廃車手続きを進めてくれます。廃車手続きにかかる日数は、数日程度~1ヶ月程度等と業者さんによって異なりますので、どれぐらいの日数で廃車手続きが完了するか予め聞いておきましょう。

STEP5 廃車証明書を受け取る

廃車手続きが完了すると『廃車証明書』が発行されます。基本的に廃車証明書は郵送などで送られてくるものですが、何ヶ月経っても届かない場合は業者さんに確認しましょう。

業者さんに廃車手続きを代行して貰う場合の流れは、一般的に上記の様に進んでいきます。注意しておきたいのは、廃車することによって還付金が発生する場合、その還付金の扱いはどうなるのかきちんと確認する事です。

廃車で受け取れる還付金についてはコチラ

用意しておかなければいけない物って?

それでは最後に、業者さんに廃車手続きを依頼する場合、あなたが用意しなければいけない書類関係についてご紹介しておきましょう。もちろん、実際に廃車手続きを依頼する場合に業者さんが教えてくれますが、予め知っておいた方が用意に手間取りません!

普通車の廃車を依頼する場合

  • 所有者の免許証のコピー
  • 車検証原本
  • リサイクル券
  • 自賠責保険の原本(車検が1か月半以上残っている場合)
  • 所有者の印鑑証明1通(車検証記載の所有者のもので、発行から3ヶ月以内のもの)
  • 所有者の印鑑証明書と同一の実印(譲渡証・委任状に押印するため)

一般的に上記の物が必要になります。ただし、『車検証の住所と印鑑証明書の住所が異なる場合』には、「住民票(引越などの住所変更が1回の場合)」又は「戸籍の附表(引越などの住所変更が2回以上の場合)」が必要になります。

まとめ

今回は、ディーラーや中古車販売店などの業者さんに自動車の廃車を依頼する場合の流れや用意しなければならない書類関係についてご紹介してきました。
自動車の廃車は、本稿でもご紹介している通り、知識さえあれば誰が行っても構わない物です。その為、多くの方は自分で進めるのも面倒くさいし、お金を払ってでもディーラー等に進めてもらおうと考えるものです。
しかし、ここで覚えておいて欲しいのは、廃車手続きを依頼するなら『廃車買取業者』に連絡するのが一番お得だという事です。上述しているように、廃車買取業者は、まだまだ知名度的には低いのかもしれませんが、全ての廃車手続きを無料で進めてくれる上に、ボロボロになった自動車であっても買い取ってくれるのです。もし、廃車を考えている自動車が故障で自走できないといった場合にも、無料で自宅まで引取りにきてくれるなど、正に至れり尽くせりのサービスになっています。「お得すぎて逆に心配…」と言う声が聞こえてきそうですが、もちろん廃車買取業者にも利益があるのです!廃車買取業者は、解体した車両を鉄やアルミの資源として売却したり、まだ使用できるパーツをリサイクル出来る為、たとえ動かない自動車を買い取ったとしても利益を出せるのです。
自動車の廃車が必要になった時には、まず廃車買取業者に連絡してみると良いかもしれませんね!