今回は、一時的に『中断』をしていた自動車保険について、再度必要になった時、再開させるにはどうすればいいのか?についてご紹介していきたいと思います。自動車を使用する場合には、強制保険である自賠責保険ではカバーできない部分を保証するため、任意保険の自動車保険に入る人がほとんどですよね。しかし、この自動車保険というものは、年々システムが複雑化しており、イマイチ理解できていないという人も少なくないはずです。
その最たるものが『自動車保険の等級制度』ですね。この等級制度は、簡単に言うと、ロールプレーイングゲームのレベルみたいなもので、事故を起こさないドライバーほど保険の等級が上がり(レベルが上がる)、保険料が安くなるというものです。自動車保険の等級は、一般的に6等級からスタートし、最大で20等級までアップするものなのですが、もちろん自動車を廃車する際などに保険を解約した場合には、最大まで上げた等級だとしてもリセットされてしまします。しかし、普段の生活の中ではしばらく自動車を使用しない場合など普通に考えられますし、いちいちリセットされていてはドライバーはたまったものではありません。そこで保険会社は、頑張ってあげた自動車保険の等級を一時的に維持するために『中断』という方法を作ってくれているのです。この『中断』という方法を使っておけば、数年後再度自動車が必要になった時には、以前の等級を維持したまま自動車保険を利用できるわけです。
それでは、一度中断した任意保険を再開させるにはどうすればいいのでしょう?本稿では、そのあたりをご紹介していきたいと思います。

自動車保険の中断とは?

一般的に自動車保険の中断が必要になるケースというのは、

  • 自動車が必要ない場所に、長期的に転勤(国内・海外含む)に行く
  • 愛車の車検が切れて、ガレージに放置していた
  • 愛車を廃車にしたけど、しばらくは新しい自動車を購入しない

上記のようにいろいろなケースが考えられますが、要は、自動車に乗らない期間は、無駄な自動車保険のお金なんか払いたくないというパターンですね。
しかし、冒頭でもご紹介したように、自動車保険には『等級』という制度があり、長年頑張って上げてきた等級が、解約によりリセットされてしまうのは非常にもったいないものです。例えば、保険の等級が20等級にまで達している場合には、保険料が60%以上も割引されるなどの特典があり、6等級の保険と比較すると保険料は大きな違いが出るのです。
そこで、無駄な保険料の支払い以外にも、積み上げてきた等級を維持する目的で、自動車保険の『中断手続き』を行うわけです。この中断手続きさえ行っておけば、一定期間休止していた自動車保険でも、再度自動車を使用するときなどに再開手続きすると、以前の等級を維持したまま保険が復活できるのです。
自動車保険の中断については、以前その詳細をまとめていますので、ぜひそちらもご覧ください。

自動車保険の中断について

自動車保険の『再開』について

自動車保険の『中断』について、そのメリットはよくわかっていただけましたね。それでは、一度中断した自動車保険を再開するための手続きについてご紹介していきましょう。
再開については、正直に言うとそこまで難しいものではなく、誰でも簡単に行うことができるものです。具体的に言うと、必要な書類を用意し、『保険会社に連絡を入れるだけ』なのです。確認書類に関しても、廃車手続きのように様々なものを用意しなければならないというわけではなく、

  • 自動車保険の中断を行った際に発行される『中断証明書』
  • 新しく保険に加入する自動車の『車検証・登録事項証明書』のコピー

上記の物だけで問題ありません。拍子抜けかもしれませんが、再開に関しては、これを押さえておけば、国内の損保会社、外資系の損保会社、代理店型保険会社や通販型自動車保険会社、どこであっても問題なく再開手続きが可能です。

自動車保険の再開ができない場合もある

一度中断した自動車保険の再開は、非常に簡単な手続きで再開できるとわかりましたね。しかし、場合によっては、再開したくても再開できない状態になっていることがありますので注意しましょう。基本的に自動車保険を再開するためには、以下の条件が必要です。

  • 中断日の翌日から起算して10年以内の日である
  • 旧契約の中断証明書(所定事項の記載があるもの)原本を提出
  • 旧契約の自動車と同一の用途車種であること
  • 新契約の記名被保険者および車両所有者が、原則として旧契約とそれぞれ同一であること

この辺りは、保険会社によって微妙に異なる場合もありますので、念のため加入を考えている保険会社に確認してみましょう。

自動車保険の再開は旧保険会社と同様でないといけない?

それでは、最後に自動車保険を再開する場合、もともと契約していた旧保険会社の物を絶対に利用しなければならないのか?という点を考えてみましょう。最近ではネット通販型の保険会社などもTVCMなどで盛んに見ますし、代理店型の保険会社だったものを通販型保険会社へ見直ししたいと考えている方も少なくないでしょう。
答えから言ってしまうと、もちろんこのようなパターンでの再開手続きも問題なく進めることが可能です。
つまり、中断した当時、加入していた保険会社の等級を維持したまま、新たに加入を考えている保険会社で再スタートもOKなのです。自動車保険というものは、基本的に保険会社同士で情報を共有していますので、上述のように『再開時に保険会社を乗り換える!』といった事もスムーズに行うことができます。

まとめ

今回は、廃車などといった理由で、一時的に中断していた自動車保険を再開する方法についてご紹介してきました。自動車保険というものは、自動車に乗る際には必ず加入しておいたほうが良いものですが、年々そのサービスも複雑化しており、自分の加入している保険が実際に自分に最適なものなのかイマイチわからないという人も少なくないかもしれませんね。
特に自動車保険の『等級』などといった制度は、若者ドライバーの方であればそのシステムすら理解していないという人もいて、何も考えず解約してしまったという人もいることでしょう。しかし、本稿でご紹介しているように、等級によってかなり大きな保険料の割引がありますので、高ランクの自動車保険を持っているのであれば絶対に『中断手続き』をしておいたほうが良いでしょう。再開は、上述の通り保険会社に連絡するだけで可能ですので、手間もなく、得もするとなると念のため中断しておいておくほうが賢いのではないでしょうか?ただし、再開時には『中断証明書』の原本が必要になるのでなくさないよう大切に保管しておきましょうね!