皆さんは、自動車の処分が必要になった時に、まず何を思い浮かべますか?ほとんどの方は「何とか売却できないかな?」等と考えて、ディーラーや中古車販売店に下取り査定に出すのではないでしょうか?しかし、当たり前の事なのですが、持ち込んだ自動車の状態によっては『査定額0円』等と買取りを拒否されてしまう場合も意外と多いものです。
ディーラー等が、下取りで自動車を引き取る理由は、引き取った自動車を綺麗にして中古車とした再販する事ですので、何らかの理由で買い手がつかないと判断するような自動車は買取りを拒否する物なのです。こういった場合、その自動車を処分するには『廃車』にするしかありません。
では、このような売却できなかった自動車の廃車はどうしますか?一般の方であれば、自動車の廃車などなかなか経験する物ではありませんし、査定の流れのままディーラーに廃車を依頼する人が多い事でしょう。しかし、それは本当にお得な廃車方法なのでしょうか?一般的にディーラーに廃車を依頼した場合には、廃車手数料が必要になる物ですが、他に賢い廃車方法はあるのか疑問に思った事はありませんか?
そこで今回は、ディーラー廃車のメリットやデメリットと共に、最もお得な廃車方法をご紹介したいと思います。

おすすめの廃車買取専門店

自動車の廃車手続きの専門業者をご紹介します。カーネクストは、全国対応で廃車手続きを行っている廃車専門店です。古い車や過走行車、不動車や事故車を専門で買取を行っており、陸運局での廃車手続き費用が無料、レッカー引取り代も完全無料のサービスです。


まずは廃車手続きの基本を知っておきましょう

まずは、廃車手続きの基本についてご紹介しておきましょう。皆さんは『自動車の廃車』と聞けば、その自動車をスクラップにすることだと考えるかもしれませんが、そもそもこの考え自体が間違っています。実は、自動車の廃車とは『その自動車の車籍を抹消する手続き』の事を指しており、単純に『廃車』と言ってもそこには種類があるのです。また、ややこしい事に普通車と軽自動車では、それぞれの手続き名称も異なり、手続きを進める機関まで違うなど、一般の方からすれば「何から手をつければいいのか分からない…」と言う、非常に複雑な物でもあるのです。こういった理由もあり、多少の費用が必要だとしてもディーラーなどに廃車手続きを依頼する人が多いのでしょう。
以下で、一般的な廃車手続きの種類をご紹介しておきますので、是非覚えておきましょう。

  • 一時抹消登録(軽自動車の場合:自動車検査証返納届)
    長期入院や長期出張など、一時的に自動車の使用を停止する場合に行う廃車手続き。自動車は、使用の有無に関わらず登録が残っていれば税金の支払いが必要です。しかし、一時抹消登録中は、それらの支払いをストップ出来る為、金銭的メリットを目的に行います。
  • 永久抹消登録(軽自動車の場合:解体返納)
    二度と使用しない自動車に対して行う廃車手続き。基本的に『解体(スクラップ)』を前提としており、永久抹消登録をした自動車は二度と公道で走る事が出来ません。
  • 解体届出(軽自動車も同様)
    一時抹消登録をした自動車で、やっぱり解体するといった場合に進める廃車手続きです。

上記の様に、廃車手続きと言っても状況によって進めるべき手続きは異なるのです。また、普通車の廃車手続きは陸運局、軽自動車の廃車手続きは軽自動車検査協会で進めるといった具合に手続き機関も異なります。
それぞれの廃車の流れは以下で詳しく説明しています。そちらもご覧ください。

>> 面倒な廃車手続き費用が一切無料

ディーラー廃車はお得?

自動車の廃車は、一般の方であれば人生の中で一度も経験することがないと言う人も多いですし、わざわざ面倒な手続きを自分で調べて進めようと考える人も少ないでしょう。また、『自動車=ディーラー』というイメージは根強く、自動車の処分を考えた時にもひとまず付き合いのあるディーラーに相談してみると言うのが一般的かもしれませんね。
それでは、このディーラー廃車にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょう?ここでは、普通車の廃車手続きをディーラーに依頼する時のメリット・デメリットを考えてみましょう。

ディーラー廃車のメリット

それではディーラーに廃車を依頼する場合のメリットからご紹介します。ディーラー廃車のメリットを簡単に言うと『手間がなくなる!』という事でしょう。
自動車の処分を考えて永久抹消登録を進める場合、その手続き自体はそこまで難しいものではないのですが、様々な書類を集めなければいけない事や、平日に時間を作って陸運局にいかなければならない等、手間と時間は予想以上にかかる物です。また、永久抹消登録の場合は、自動車の解体も必要ですので、自分で解体工場を探し自動車を解体してもらうと言うのも結構な手間です。
ディーラーに廃車を依頼すると、上記の様な面倒な作業を全て代行してくれますので、自分は何もしなくても勝手に廃車手続きが完了すると言うのは、大きなメリットと言えるでしょう。

ディーラー廃車のデメリット

それでは、逆にディーラーに廃車を依頼する場合のデメリットも見ていきましょう。ディーラー廃車のデメリットは、わかりやすいもので「お金が掛かる…」という事ですね。どのような費用が掛かるのかと言うと、

ディーラー廃車で必要になるお金

  • 自動車のレッカー費用 ⇒ 0~30,000円程度
  • 解体費用       ⇒ 0~30,000円程度
  • 手続き代行費用    ⇒ 10,000~20,000円程度

ディーラー廃車は、依頼する業者によっても異なりますが、基本的に数万円以上の費用は必要になると考えておいた方が良いでしょう。もちろん、古くから馴染みの業者や、新しく自動車を買い換えする時などは無料で行ってくれる場合もありますが、一般的には費用が必要と考えておきましょう。

>> ディーラーよりお得に廃車にするには

廃車手続きは廃車買取業者が最もお得!

それでは最後に、最もお得に自動車を処分できる方法をご紹介します。それは『廃車買取業者』に自動車を引き取ってもらうと言う方法です!
廃車買取業者と聞いても、あまり『ピン』と来ないと言う人がまだまだ多いかもしれませんが、この廃車買取業者は、名前からも分かる通りボロボロになって廃車にするしかないような自動車でも買い取ってくれる業者さんです。こう聞いても、「どうせ、まだまだ見た目も良いような自動車しか買ってくれるわけがない!」と思う人も多いかもしれませんね。しかし、廃車買取業者であれば、古くなってエンジンが動かない自動車や、修復歴や冠水歴がついている自動車でも買い取ってもらえるのです。
なぜかと言うと、廃車買取業者は、解体後の車体を鉄やアルミの資源としたり、まだ使用できるパーツを取り出してリサイクル出来る為、廃車にするような自動車でも資源的価値を見出しているからです。しかも、ディーラー等であれば代行手数料が必要になる廃車手続きに関しても、全て無料で代行してくれるため、自動車の所有者さんは何の手間も出費もありません。
今までは、「お金を払って廃車にする!」と言うのが一般的でしたが、現在は「お金を貰って廃車にする!」という時代になっているのですよ!

まとめ

今回は、自動車の処分を考えた時に、誰もが真っ先に思い浮かぶ『ディーラーに廃車を依頼する』と言う選択が本当にお得なのか?という事について考えてみました。
近年では、廃車買取業者の登場もあり、無料で廃車手続きを代行してくれるようなディーラも出てきているようですが、基本的にはディーラーに依頼するとお金が掛かると考えておいた方が良いでしょう。さらに、廃車買取業者であれば、無料どころか処分を依頼するのに、逆にお金まで貰えるのです。こう考えてみると、自動車の廃車は『廃車買取業者』に依頼するのが絶対にお得ですよね!