ボロボロでも価値はある

走行距離10万kmを超えていて、塗装もボロボロ。耐用年数が経った古い車は中古で売ろうとしても、なかなか難しいですね。誰かに無料で譲ろうとしても、車の状態を見た瞬間断られてしまいます。

廃車するしかないと思って調べてみると、レッカー代などいろいろと費用が掛かりそう。

今回はそんな古い車に頭を抱えて八方塞がりになっている方のために、耐用年数が経った古い車でも簡単に、しかも費用をかけずに廃車する方法をご紹介します。

廃車するのにどれくらいお金がかかるのか?

廃車を自分でしようとすると、なかなかお金がかかります。その費用がどれくらいなのかを、説明していきますね。

廃車手続きをするためには、まず、車をスクラップにしなければなりません。そのためには、車をスクラップできる場所に持っていく必要があります。

まだ動く車なら良いですが、レッカー車で運ぶ場合は費用がかかります。

レッカー代の相場は大体15,000円〜20,000円ほど。車の解体には、最大で30,000円を請求されることがあるようです。

また、解体費用とは別にリサイクル料金も負担します。リサイクル料金は車の所有者が支払わなければならない費用で、解体業者に支払うことが多いようです。

ただ、2005年以降に新車として購入した車は、リサイクル料金が不要です。新車購入時の代金に、リサイクル料金が含まれているためです。

リサイクル料金は車種・グレードによって変わってきます。高くて18,000円程度です。

お金だけじゃない!手間もかかる廃車手続き

廃車にかかるお金の話をしましたが、実は廃車手続きも手間がかかります。

まず、車をスクラップできる工場を探すのに手間がかかります。たいていの人は、どこで車をスクラップにしてくれるのか分かりません。

場合によっては、近くの何軒かの工場に電話をし、解体可能なのか、いつできるのかも確認しなければなりません。

レッカー車の手配にも手間がかかります。どこにお願いするかをインターネットで調べて、見積もりを取り、日にちを決める作業は必ず必要ですからね。

レッカー車の手配ができたところで、車を工場に運んでもらいます。運び込みが終わると順番を待ってスクラップを終え、解体業者から「使用済自動車引取証明書」を受け取ります。

その後15日以内に、解体したことを証明する「移動報告番号」と「解体記録日」を持って、普通自動車の場合は運輸支局、軽自動車の場合は軽自動車検査協会へ行き「永久抹消登録」の手続きを行います。

運輸支局も軽自動車検査協会も基本的に土日が空いていません。平日休みを取れたとしても、手続きのためには以下の書類を用意しなければなりません。

  • 車検証
  • ナンバープレート前後2枚
  • 車の所有者の3ヶ月以内の印鑑証明書
  • 手数料納付書・申請書
  • 「解体報告記録日」と「移動報告番号」の記録

これだけの手間がかかると考えると、費用だけを考えればよいわけではなさそうですね。

費用をかけずに廃車する方法

費用をかけずに廃車したい場合、一体どうすればよいのでしょうか。

実は、廃車する車を売って、廃車手続きも全てプロにお願いしてしまえばいいのです。しかし、走行距離が10万kmを超える車が果たして売れるのでしょうか?

結論から言うと、売れます。

その理由を知るために、廃車の買取相場について理解しておきましょう。

ボロボロの車の売り方としては、大きく分けて以下のパターンがあります。

  • 鉄スクラップで売る
  • 中古パーツで売る
  • 輸出して売る

ひとつずつ説明していきますね。

鉄スクラップで売る

実はどれだけボロボロの車であっても、素材そのものの鉄として買い取ってもらうことができます。

鉄になってしまえば、どれだけ耐用年数が経っていようが高級車だろうが関係ありません。鉄の量次第で、買取価格が変わってきます。

大体の相場は以下のとおりです。

  • 軽自動車:約10,000円
  • 1,500cc:約20,000円
  • 3,000cc以上:約40,000円〜

中古パーツで売る

ボロボロの車でもパーツごとで見れば、値段がつくことがあります。実は中古パーツのニーズは、意外と高いのです。

車の修理の際、パーツを新品で購入すると結構高くつきます。そのため、車を修理する人にとって安く買える中古パーツはとても重宝されるのです。

輸出で売る

日本で誰も買い取ってくれないような車が、海外では売れることがよくあります。

悪路を走行できるような車や、荷物が詰み込める軽トラックのようなものが売れる傾向にあるようです。

これは、日本車の性能が良いからです。エアコンが効きにくいとか、ブレーキの効きが悪くなったと言っても、発展途上国などでは気にせずに乗ることもあります。

廃車買取専門業者に任せよう

ボロボロの車でも売れるのはわかったものの、実際、どうやって売ればいいのでしょうか。特別なツテでもない限り、自分で売るのは難しいですね。

高く売るにも、マーケットを理解して、販売先を持っていないことにははじまりませんからね。

では、どうすればいいのでしょうか。

ズバリ、廃車買取専門業者に任せましょう。廃車買取専門業者は、廃車を売ることで自分たちの利益を稼いでいるプロです。

鉄スクラップにしても、中古パーツにしても、輸出にしても、しっかりとマーケットを開拓し、高く売るための販売ルートを持っています。

また、業者に任せれば、廃車手続きも全てお任せできて嬉しいですね。

お金も手間もかけずにボロボロの車を廃車するには、廃車買取業者に頼れば間違いなしです。

まとめ「廃車は売れる」

たとえ多くの年月を経て、何十万kmの走行距離があったとしても、廃車は売ることができます。

でもそれは、プロだから可能なこと。

もうどうしようもないと思っている車がある時は、廃車買取専門業者などのプロを訪ねてみましょう。