親から相続したのが…車

相続と聞くと、どのようなイメージを持ちますか?多くの人は、家などの不動産、現金や株式などをイメージされるのではないでしょうか?

意外と忘れがちなのが、車です。高い車は何百万もするため、大きな財産のひとつです。

しかし、相続する車がすべて高級車とは限りません。むしろ、廃車寸前のような車も少なくないのです。そのような場合、車をどう扱えば良いのでしょうか。

今回は親から車を相続した場合、それを廃車するメリットやその手続き方法について解説していきます。

まず相続した車を使うのか考える

それまで車を所有していなかったけれど、相続したことをきっかけに所有する人もいるでしょう。また、自分が持っている車よりも良い車だから乗り換える、という人も。

車を相続した場合、まずはその車を自分で使うかどうかを考えましょう。

乗りはしないけど、という時も、比較的新しい車種だったり、状態が良かったりすれば売ることも可能でしょう。

放置はしない

誰も使わないし売れる代物でもないからと言って、そのまま放置しておくのはやめておきましょう。

「放置」はデメリットが多いからです。一番は、何と言っても手続きの煩雑さです。

親から家や車などを相続した場合、まとめて手続きを行っていれば、後からその手間を一から始める事態になりません。

相続の手続きは弁護士などを交えて行う場合がほとんどで、一回でまとめて済ませてしまえば費用も安くなりますし、何より面倒な相続の手続きを後からまた思い出して行う必要もありません。

車を放置していて、数年後にもう一度相続の手続きをするなんて、考えたくもありません。

これは廃車する場合も同じで、長年放置した後、思い出したように廃車をしようと思ったときに、相続の手続きをしていないと廃車できません。振り出しに戻ってさまざまな必要書類を集めて、相続の手続きから始めなくてはならないのです。

また、放置していればコストもかからないだろうと考えがちですが、自動車税が毎年必ず請求されます。乗りもしない車のために、税金を毎年払うのも馬鹿らしいですよね。

そして、相続手続きをせずに車に乗っている場合に起こりがちなのが、事故を起こした時のリスクです。

理由は保険です。親から車を相続した場合、保険の名義は親になっていますね。

万が一事故を起こしてしまった場合、保険が使えないこともあります。最悪の場合、一回の事故で自己破産なんてことになりかねません。

このように、相続をせずに車を放置したり乗ったりするときのデメリットは、かなり大きいようです。車がどのような状態であっても、放置することだけはやめましょう。

廃車する車を相続する方法

相続した車を廃車する場合、まずは必ず相続手続きによる名義変更をするようにしましょう。

ちなみに手続き方法は軽自動車と普通自動車で異なります。

軽自動車の手続きの場合、実は相続に関する書類は必要はありません。通常の廃車手続き以外では、廃車を代理で行う方の名義に変更するだけで済みます。

名義変更に必要なものは以下のとおりです。

  • 車検証
  • ナンバープレート
  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 前所有者の印鑑

なお、必要な書類は軽自動車検査協会で入手するようにしましょう。

普通自動車は軽自動車と違い、相続手続きによる名義変更が必要です。これは普通自動車が財産とみなされるためで、相続手続きに必要な書類はこちらです。

  • 故人の死亡の記載のある戸籍(除籍)謄本
  • 相続人全員の記載がある戸籍(除籍)謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 名義を取得する相続人の印鑑証明書
  • 遺産分割協議書
  • 車検証
  • 車庫証明書

なお、手続き後は保険の名義変更も忘れずにやっておきましょう。

相続した車の廃車手続き

先ほど説明したように、相続の手続きをして所有者を変更しましょう。

この際、個人の所有にすることもできますし、相続人全員の所有にすることもできます。個人の所有にすることを単独相続と言って、相続人全員の所有にすることを共同相続と言います。

相続の手続きが終わると所有者の名義が変更され、廃車手続きをすることができます。後は、普通通りに手続きをすれば問題ありません。特別な理由がない限り、廃車買取業者に依頼すると良いでしょう。

まとめ「廃車の相続はあいまいなところを残さずに」

車の相続は、メリットよりもデメリットを多くもたらすことがあります。どんな場合かというと、きちんと相続の手続きを行わなかったときです。

もちろん、相続の手続きだけではなく、保険の手続きなども含めて言えることです。

手続きが面倒なのは良く分かりますが、あいまいな部分が残っていると、あとでもっと面倒なことになります。相続した車を廃車する場合、どんな手続きが必要かをしっかりと理解して進めましょう。