自動車の廃車手続きを進める場合、軽自動車と普通車では必要になる書類が違うってご存知でしょうか?自動車の廃車手続きは、一般の方であればほとんど経験する事ではありませんし、手続きを進める為にはどのような物を用意すればいいのか、詳細に知っている人などほとんどいないかもしれませんね!
>> 面倒な廃車手続きを無料で依頼
本稿では、普通車の廃車手続きを進めるときに必要になる『印鑑証明』を用意できない場合、その自動車の廃車手続きはできなくなってしまうのか?という事についてご紹介していきたいと思います。通常、自分の印鑑証明を用意できないケース等といった事は、あまり想像できないかもしれませんが、自動車の廃車手続きと言うのは、自分名義以外の自動車を廃車する場合も考えられます。例えば、知人に譲ってもらった自動車を廃車にしたいけれど、名義変更をせずに使用していたため別名義になっている場合、どうしても元の所有者の印鑑証明が手に入らない…なんてことも考えられます。
それでは、この様な自動車は廃車手続きを進める事が出来ないのでしょうか?本稿で詳しく見ていきましょう。
因みに、軽自動車の廃車手続きは、印鑑証明など必要なく認印で進める事が出来ます。

そもそも普通車の廃車手続きで必要になる書類って何?

「そもそも普通車の廃車って何が必要なの?」といった方の為に、手続きを進める為に用意しなければならない書類等をご紹介しておきましょう。参考として、二度と使用しない普通車の永久抹消登録を進める場合に、用意しなければならない書類を以下にまとめます。自動車の廃車手続きには、その他にも一時抹消登録や解体抹消などの手続きもありますが、その場合に必要になる書類は別記事にまとめていますので、下のボタンからご確認ください。

普通車の永久抹消登録に必要になる書類

  • 所有者の実印と印鑑証明(発行後3ヶ月以内)
  • 車検証
  • ナンバープレート(前後2枚)
  • 移動報告番号と解体通知日
  • リサイクル券
  • 自動車重量税還付申請書(車検残存期間が1ヶ月以上ある場合)
  • マイナンバー

上記以外にも、運輸支局の窓口で手数料納付書、永久抹消登録申請書、自動車税・自動車取得税申告書の記入が必要になります。

普通車の永久抹消登録には、上記の様な物を用意しなければいけません。これからも分かるように、廃車手続きを進めるには『所有者の実印と印鑑証明』も用意しなければいけません。その他の廃車手続きに必要になる書類関係は以下のボタンよりご確認ください。

普通車の廃車に必要になる書類
>> 廃車のことならカーネクストにお任せ(無料査定)

実は印鑑証明がなくても廃車手続きは出来ます!

それでは、普通車の廃車手続きを進めようと思った時に、どうしても印鑑証明が入手できない場合についてご紹介しましょう。
結論から言ってしまうと、『時間をかけても構わないのであれば、印鑑証明が用意できなくても廃車は可能!』です。
どういう事かと言うと、実は解体業者で自動車の解体を完了すると、自動車税の支払いをストップさせる為の書類を貰う事が出来るのです。そして、その書類を利用して自動車税を停止させれば、支払い停止から5年経過するとその自動車の登録は自動的に抹消されるという仕組みになっているのです。
もちろん『5年間』というとても長い期間は掛かるのですが、どうしても印鑑証明が入手できないと言う場合には使える方法です。

印鑑証明がない場合の廃車の流れ

それでは実際に印鑑証明がない場合の廃車手続きが、どのような手順で進んでいくのか抑えておきましょう。

STEP1 解体業者で自動車を解体する

ここは通常の永久抹消登録と同様に、解体業者に自動車を持ち込み、解体をしてもらいましょう。

STEP2 書類を受け取る

自動車の解体が完了すると、「解体報告記録日」の連絡とともに「使用済自動車引取証明書」が送られてきます。両方とも今後の手続きで必要になるので大切に保管してください。

STEP3 自動車税事務所で手続き

上記の書類が揃ったら、自動車税事務所で税金の支払いをストップしましょう。この時には、「解体報告記録日、使用済自動車引取証明書」以外にも車検証や認印が必要になります。この手続きが完了すると、翌年以降の自動車税をストップできます。

STEP4 5年間待つ

STEP3までの手続きが終わったら、後は5年間待つだけです。5年経過すると自動的に自動車の登録は抹消されます。

印鑑証明がない場合は、上記の様な流れで廃車することが可能です。特に難しい事が必要になる訳ではありませんね。ただし、自動車税の手続き部分は、地域によって細かな手続き方法等が異なる場合もあるので、念のため自分が住んでいる地域の自動車税事務所に問い合わせしてみるといいかもですね。

その他のイレギュラーな廃車手続きについて

自動車の廃車手続きには、「印鑑証明が入手できない…」等といった以外にも様々なイレギュラーなケースが考えられます。冒頭でもご紹介した通り、廃車手続きは一般の方にはあまり馴染みのないものですので、自分で進めようと思った時には、通常の手続きですら苦労する物でしょう。
ここでは、様々なイレギュラーが発生した時の対処法を簡単にご紹介しておきましょう。

所有者が既に亡くなっている場合の手続き

印鑑証明が用意できない状況には、自動車の所有者が既に亡くなっているというケースも考えられるでしょう。この場合は、5年間待つよりも一度名義変更を行い廃車にすると言う手順の方が一般的です。
故人の自動車を廃車にする場合には、廃車手続きを進める方が一度その自動車を相続しなければなりません。自動車の相続ができたら、遺産分割協議書と除籍謄本を持って自動車の名義変更を行う事が可能です。名義変更が出来れば、後は通常の廃車手続きを進めれば良いだけです。

>> 相続手続きが必要な廃車手続きもお任せ

車検証の住所が印鑑証明と違う…

印鑑証明がある場合でも、車検証の住所と異なる場合には、必要書類が増えてしまいます。これは、転勤などで引っ越して住所が変わったのに、車検証の住所変更手続きを行わなかったと言うケースですね。
こういった場合には、転居が1回の場合は『住民票』を、複数回の転居がある場合には『戸籍の附票』を用意しなければいけません。

本来、自動車を所有している方が引っ越ししたら、必ず車検証の住所変更手続きは必要です。これは道路運送車両法にも定められており、罰則も用意されています。詳細は別記事にまとめていますので、コチラもご参照ください

印鑑証明と車検証の苗字が違う…

住所と同様に、印鑑証明と車検証の『苗字』が異なる場合にも、スムーズに廃車手続きを進める事が出来ません。自動車の所有者の方が、結婚や離婚で苗字が変わってしまう等といった事は珍しくありませんが、このような場合、廃車手続きの前に名義変更する必要があるのです。
車検証の名義と苗字が違う場合の廃車については、以前まとめていますので、以下のボタンからご覧ください。

車検証と苗字が違う場合の廃車

まとめ

今回は、普通車の廃車手続きに必要な『印鑑証明』が用意出来ない場合、その自動車は廃車にすることが出来ないのか?についてご紹介しました。
本稿でもご紹介しているように、時間だけはかかりますが『印鑑証明』が入手できない場合でも廃車自体は可能です。自動車の廃車という物は、一般の方であれば普段ほとんど経験することもありませんし、小さなイレギュラーがあっただけでもどうすればいいのかパニックになってしまう事も少なくないでしょう。
そこで、自動車の廃車が必要になった場合には、まず『廃車買取業者』に連絡してみる事をお勧めします。廃車買取業者は、まだまだ馴染みのない業者かもしれませんが、その名前からわかるように、廃車手続きのプロです。したがって、普段から様々な自動車の廃車を進めている為、どのようなイレギュラーのある廃車手続きでも全て無料でスムーズに進めてくれるのです。さらに廃車買取業者は、廃車を考える様なボロボロになった自動車でも高価買取りしてくれるため、自分は何もしなくても廃車は完了しますし、お金まで貰える、正に至れり尽くせりな業者なのです。
現在は、自分で廃車手続きを進めるのは『損しかしない』時代になっていますよ!