近年、急激に人気が高くなっている『車中泊』。インターネット上には、様々な車中泊スポットの口コミを集めたサイトも登場していますし、雑誌などでも『車中泊』の専門誌等が登場しています。さらに、2015年には、キャンピングカーの売上額が過去最高を記録したと発表されていますし、現在では「密かなブーム」どころか大流行の兆しを見せています。
ここまで車中泊が注目されている理由には、自動車の車内空間が昔よりも広くなったことや、全国各地に車中泊に適した『道の駅』が出来たことが非常に大きい事でしょう。
しかし、忘れてはいけないのが、キャンピングカーを除いた通常の自動車という物は、車内に何泊もするように考えて作られているものではないと言う事でしょう。したがって、長期休みを利用して、車中泊をしながら旅行を楽しもうと考えているのであれば、それなりに快適に過ごせるよう、様々なアイテムを用意しておく必要があります。
そこで今回は、快適な車中泊の為に、準備しておきたい様々なグッズをご紹介していきたいと思います。

道の駅は『車中泊』OKなの?

本来、自動車で長距離を旅行する際には、宿泊先の確保が非常に重要な物ですよね。しかし、近年では『道の駅』がたくさんできており、広大な駐車場と24時間利用できるトイレなどの設備もあり、車中泊に最適な施設として大人気となっています。
しかし、車中泊がブームになると共に、騒音トラブルやゴミの持ち込み等が問題となり、車中泊自体を禁止する『道の駅』も増えているそうです。ここで知っておきたいことは、そもそも道の駅という物は、休憩のための施設であり、仮眠などは許されるのですが、本来は車中泊をしてはいけない施設だと言う建前があると言う事です。『仮眠』と『車中泊』のボーダーラインが非常に曖昧だと言う事もあり、多くの人が特に気にせず、車中泊を楽しんでいるようですが、最近ではデカデカと『車中泊禁止』の看板などが表示されている道の駅も増えているので注意しましょう。

最近増えているRVパーク

皆さんは、『RVパーク』という施設を聞いたことがあるでしょうか?この『RVパーク』は、キャンピングカーの業界団体である一般社団法人日本RV協会が推進しているもので、安全かつ快適に車中泊が出来る施設を公認しているものです。
認定を受ける為の基準は、車中泊が出来るスペースがある事、ゴミの処理ができる事、24時間利用できるトイレがある事、100vの電源がある事などで、快適な車中泊が出来る施設であることが必要とされます。実は、道の駅の中にもこの『RVパーク』認定されている施設もあり、2018年9月現在全国108ヵ所がRVパークとして認定されています
このRVパークを利用するには、通常のコインパーキングの様に、時間ごとに課金がされ、1日最大で1,000円~3,000円程度の費用が必要になります。無料でないことがデメリットに感じるかもしれませんが、宿泊施設を利用することを考えれば圧倒的に低コストですし、安全で快適な車中泊が可能だと考えると非常に安いのではないでしょうか?

全国のRVパーク一覧

車中泊をするなら用意しておきたい便利グッズ!

それでは『車中泊』をするときには用意しておきたい便利グッズをご紹介していきましょう。一言に『車中泊』と言っても、海や山などアウトドア感覚で行う場合や、街中の道の駅で車中泊をする場合、夏や冬などの季節の違いによって用意しておきたいグッズは様々です。
ゆっくり快適に車中泊を楽しむためには、それなりの準備が必要になりますよ。

車中泊には必須!準備しておきたい電源アイテム

上述したRVパークで車中泊を行うのであれば問題ありませんが、道の駅など通常の車中泊スポットでは電源(AC100V)に困ると言う事が非常に多いです。スマホの充電はもちろん、快適に車中泊で過ごすためには電源の確保は意外と大事になってきますよ。そこでオススメなのは、シガーソケットから電源を取れるカーインバータなどです。小型な物を一つ用意しておくだけでも場所も取らず、小型機器の充電や動作が行えるようになります!
キャンプもついでに…等と考えて、大量な電気が欲しいと言う場合には、持ち運びのできる携帯用ソーラーパネル等を用意しておくのも良いかもですね。価格は少し張りますが、非常に充実した車中泊を楽しめるのではないでしょうか?

出典元: amazon

LST 200Wカーインバーター

amazonで見る

出典元: amazon

MOHOO 太陽光発電パネル

amazonで見る

快適な車中泊には寝具が必須!

車中泊をするのであれば、次の日に疲れが残らないようしっかりと睡眠が出来る為の寝具を用意しておかなければいけません。もちろん夏場の車中泊と冬場の車中泊では寝具の種類も変わりますので、自分の車中泊スタイルに合うようなものをしっかりと考えて車載しておくようにしましょう!

マットレスやブランケット

出典元: amazon
ミニバンなどで車中泊をする場合、後部座席をフルフラットにしてマットを敷き、睡眠場所を確保すると言うのが一般的ですね。この場合に重要なのが、マットがしっかりと車内で使用できるのかなど、大きさをきちんと確認しておくようにしましょう。また、山などでアウトドアを楽しみながら車中泊を行うと言う場合等には大き目の毛布やブランケットを掛布団として用意しておくととても便利ですよ!
amazonで見る

冬場の車中泊は寝袋

出典元: amazon
冬場に車中泊をするのであれば、しっかりと暖を取れる寝袋の用意が非常に重要です。寝袋もピンからキリまでありますので、価格に大きな違いがありますが、どのような場所で車中泊を行うのかを考えて、寝袋の使用可能気温などを調べましょう。また、使用する寝袋は小さくまとめる物や、ファスナーで開閉できるようなものを選んでおけば場所もとりませんし長く使用できると思いますよ!
amazonで見る

用意しておくと便利!様々な車中泊グッズ

車中泊に必要になるアイテムは、人それぞれで結構異なります。例えば、夏場の車中泊では冷蔵庫が欲しいと言う方もいれば、虫がキライだから何とかならないかな…と考える人などいろいろですね。ここでは、用意しておくと便利なアイテムをご紹介しておきましょう!

車中泊で冷たいものを!ポータブル冷蔵庫

出典元: amazon

車中泊でも、冷たい飲み物は欠かせないと言う人は多いですね。近年は、コンビニや自販機などがそこら中にありますので、すぐに飲み切るときには特に困らないかもしれませんが、車中泊の様にしばらく置いておくときに冷蔵庫があればとても便利です。最近では、シガーソケットから電源が取れるポータブル冷蔵庫などがありますので、是非用意しておきましょう!

amazonで見る

虫嫌いにはありがたい!車用網戸

出典元: amazon

アウトドアとして車中泊を楽しむ場合には、窓を開けて風を通すと非常に気持ち良いものですが、気になるのは虫が車内に入ってくる事ですよね。特に女性等は虫嫌いの人も多く、大き目の虫が車内に入るとパニックになってしまう人もいますよね。そういった時に便利なのが、自動車のドアに被せるだけで簡単に網戸になるアイテムです。取り付けも非常に簡単なので、オススメですよ!

amazonで見る

 

まとめ

今回は、近年ブームともなっている車中泊について、状況により用意しておきたい便利グッズをご紹介してきました。
本稿でもご紹介しているように、近年では、長距離の旅行を、車中泊をしながら自動車で楽しむと言う人も増えています。車中泊を行うには、道の駅が非常に便利な物なのですが、本来、道の駅は車中泊をしてはいけないと言うのが『建前』と言う事は知っておいた方が良いでしょう。もちろん積極的に『車中泊』の許可を出している道の駅もあるでしょうが、騒音やゴミの処理などで、トラブルも増えていると言うお話はよく聞きます。
車中泊を行う場合には、周囲の人に迷惑をかけないよう、きちんとマナーを守って行うようにしましょう!