いよいよ8月に入り、本格的な夏休みがやってきましたね!毎年言っているような気もしますが、今年の夏は特に暑いような気がしませんか?連日40℃近くの気温が続き、うだる様な暑さで既に夏バテ気味…と言う人も多いかもしれません。
そこで本稿では、夏のレジャーや避暑に最適なキャンプ場をご紹介していきたいと思います。今回は、関西地方でオススメなキャンプ場を中心にご紹介していきたいと思いますので、この夏は是非、友人やご家族、恋人と一緒にキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか?

夏にオススメのキャンプ場関東版

関西でオススメのキャンプ場をご紹介!

夏はレジャーに適した時期ですので、海水浴やバーベキュー、花火等、様々なイベントを計画している人も多い事でしょう。しかし、夏のレジャーで、筆者が最もオススメするのはやはり『キャンプ』です!キャンプは、先に上げた様々なレジャーをまとめて一度に楽しめますし、最近ではキャンプ用品などもかなり進化しているため、野外であってもかなり快適なキャンプを楽しめます!
是非、この夏は自動車にいろいろ詰め込んで、夏のアウトドアの醍醐味『キャンプ』を楽しんでみてはいかがでしょう?

大阪府でオススメのキャンプ場

まずは大阪府にあるキャンプ場をご紹介しましょう。大阪と言えば梅田や心斎橋などが思い浮かびますし、自然を楽しむキャンプなどとは無縁と考える人も多いかもしれませんね。しかし、その考えは大間違いで、大阪府内にもキャンプ場はたくさんあるのです!

牛滝温泉いよやかの郷

まずは、大阪府内で大自然が楽しめる『牛滝温泉いよやかの郷』のキャンプ場をご紹介します。ここは泉州の奥座敷とも言われる牛滝山の山裾のあるキャンプ場で、なんと近くには美肌効果のある温泉まであるのです!川遊びも出来るので家族でも友人同士でも楽しめる事間違いなしです!

【基本情報】
住所:大阪府岸和田市大沢町1156
電話番号:072-479-2641
アクセス:阪和自動車道「岸和田和泉」ICより車で約15分

公式サイト

GRAN CAMPING PALM GARDEN MAISHIMA

特に自然豊かという訳ではありませんが、大阪市内でインスタ映えするグランピングが楽しめる施設です。この施設は2017年10月に舞洲に出来たばかりですので、市内からも近い、施設が新しく綺麗という点がポイントですね。

【基本情報】
住所:大阪市此花区北港緑地2丁目3番57
電話番号:06‐6465‐4690
アクセス:国道43号線をご利用の場合 梅香交差点を西に直進、此花大橋を渡る

公式サイト

京都府内にあるお勧めのキャンプ場

次は世界的な観光地の京都です。京都と言えば寺社巡りや納涼のための『川床』が思い浮かぶかもしれませんが、実は自然豊かなキャンプ場もたくさんあるのです!

大森リゾートキャンプ場

まずは、京都市北区にある『大森リゾートキャンプ場』です。このキャンプ場は、昔から避暑のために利用されることも多いキャンプ場で、なんと市街地と比較すると、その気温差は5℃以上も涼しいそうです!場所柄的に、キャンプを楽しんだ次の日には、京都市内を観光するなんて日程も組めるので、ファミリーには非常にオススメかもしれませんね!
因みに施設では、ソーセージ作り、ひき馬体験、シャワークライミング等、体験型のアクテビティも豊富にありますよ!

【基本情報】
住所:京都府京都市北区大森東町340-2
TEL:075-406-2850
アクセス:京都南インターチェンジから1号線を北上~162号線高雄を北上で約1時間

公式サイト

美山町自然文化村キャンプ場

『美山町自然文化村キャンプ場』は、オートサイト、テントサイト、日帰りキャンプ、ログハウスなど、幅広い楽しみ方ができるのが特徴の施設です。また、自然文化村内には露天風呂付きの大浴場やカフェ、レストランなどもあるのでカップルでキャンプを楽しむのにも最適です。さらにうれしいのは、サッカー場や野球場などもあるので、大学生や社会人チームの合宿をキャンプと一緒に楽しみながら行うなんて特殊な使い方もできます!これほど施設が豊富なキャンプ施設はあまりないのではないでしょうか?

【基本情報】
住所:京都府南丹市美山町中下向56
TEL:0771-77-0014
アクセス:車で京都市内より約1時間30分

公式サイト

兵庫県内にあるオススメのキャンプ場

次は兵庫県のキャンプ場です。兵庫県は瀬戸内海も日本海にも接していますし、山や川等の自然も豊富で、キャンプ場施設は非常に多いです。したがって、「海で楽しみたい?」「川で楽しみたい?」など目的に合わせた施設を選べるのがとてもうれしいですね!

伊毘うずしお村オートキャンプ場

まずは淡路島にある『伊毘うずしお村オートキャンプ場』です。筆者の個人的な意見ですが、やはりキャンプと言えば淡路島は外せませんね!『伊毘うずしお村オートキャンプ場』は、南あわじ市にあるキャンプ場で、ここに行くならキャンプと海水浴とBBQを楽しむしかありませんね!海水浴場では鳴門海峡と鳴門大橋を眺めながら遊べるというのもポイントが高いです。

【基本情報】
住所:兵庫県南あわじ市阿那賀782-24
電話番号:0799-37-9040
アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南IC下車約5分

公式サイト

新田ふるさと村

山や川を楽しみたいのであれば『新田ふるさと村』がオススメです。ここは標高500mの山と川に囲まれた自然豊かなキャンプ場です。設備は非常に清潔で女性や子供、キャンプ初心者の方でも安心して楽しめる場所ではないでしょうか。この施設では、渓流での川遊びやアスレチックなど、お子様も楽しめるアクティビティが多いので、ファミリーの夏休みの思い出作りにはとても適していると思いますよ!

【基本情報】
住所:兵庫県神崎郡神河町新田340-1
電話番号:0790-33-0870
アクセス:姫路バイパス姫路JCTから播但道神崎南ランプまで約35分

公式サイト

奈良県内にあるオススメのキャンプ場

奈良県は本当に自然豊かなキャンプ場が多くあり、特に山や川で遊びたいと言う人にはオススメです。京都と同様に、キャンプの帰りに寺社巡りなどを楽しむことが出来るのでファミリーでも恋人とのデートでも楽しめるのではないでしょうか?

きなりの郷

『きなりの郷』でのキャンプは、他では味わえないダムの真下でのキャンプ体験がオススメです!目の前には約110mの高さの堰堤がそびえ立ち、その大きさは「圧巻!」の一言です。施設の中には売店などもありますので、キャンプ初心者でも安心して楽しむことができます。また、キャンプ場の一部ではWi-Fiが使用可能な事や、近くに温泉があるなど、その他にもオススメポイントがたくさんです!

【基本情報】
住所:奈良県吉野郡下北山村上池原1026
電話:074-685-2711
アクセス:大阪、奈良方面なら、吉野町経由で国道169号線を南下

公式サイト

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場

読みづらい漢字が並ぶこの施設ですが、「そにおくこうち」と読みます。『サンビレッジ曽爾奥香落』のオススメポイントは、なんといっても非常に充実した設備です!この施設のキャンプサイトには全てのサイトにAC電源が設置されていますし、コテージであれば冷暖房も完備されています。また、レンタル用品も非常に充実しているのでキャンプ初心者の方でも安心して利用できるのではないでしょうか?因みにペット同伴可能なキャンプサイトもあるので詳しくは問い合わせてみましょう!

【基本情報】
住所:奈良県宇陀郡曽爾村今井911-1
電話:0745-94-2619
アクセス:名阪国道『針I.C』を降りて369号線で45分程度

公式サイト

和歌山県内にあるオススメのキャンプ場

和歌山でのキャンプは『山・川・海』と3拍子揃っているので、どんな遊びでも楽しめるのがオススメポイントですね!白浜海岸等は、夏になると関西全域から海水浴を楽しむ人で溢れますし、海水浴のついでにキャンプを楽しむ人も多いのではないでしょうか!夏の遊びを一挙に楽しめる和歌山は、大勢の友人とキャンプを楽しみに行くのがオススメですね!

休暇村紀州加太オートキャンプ場

『休暇村紀州加太オートキャンプ場』は、釣り客にも人気のスポットです。このキャンプ場は、ホテルに隣接したキャンプ場ですので、ホテルの温泉を利用したりプールを利用できるのもポイントが高いですね。また、サービスの中には設営済みのテント、食材、キャンプ用具、朝食バイキングなどがセットになった『手ぶらでキャンプ』もありますので、キャンプ用品を今からそろえるのは難しいと言う人も安心です!

【基本情報】
住所:和歌山市深山483
電話:073-459-0321
アクセス:阪和自動車道【和歌山北IC】から県道7号線を加太方面に約17キロ直進

公式サイト

白崎海岸公園キャンプ場

『白崎海岸公園キャンプ場』は、海に沈む夕日を楽しむことが出来る、流行りのインスタ映えに適したキャンプ施設です。もちろんキャンプ場としても充実しており、ログハウス、バンガロー、キャンプサイトが揃っているので、自分に合った楽しみ方が出来るできます!キャンプサイトは日帰り利用も可能ですので、気軽にデイキャンプを楽しみたい方にも良いのではないでしょうか?

【基本情報】
住所:和歌山県日高郡由良町大引960-1
電話:0738-65-0125
アクセス:阪和自動車道【広川IC】から湯浅御坊道路を直進

公式サイト

まとめ

今回は、夏休みのレジャーに最適なキャンプを楽しめる関西近辺のキャンプ場をご紹介してきました。筆者も子供の頃の楽しみと言えば、毎年大勢でキャンプ場に行く事だったのを思い出し、記事を書いているうちに、今年は久しぶりにキャンプをしてみようかなと思いましたね(笑)
基本的には、どのキャンプ場も駐車場などは用意されていますので、ドライブのついでにキャンプも楽しめますし、川遊びや様々なアクティビティでも遊べます。もちろん、夏休みは混雑が予想されるので、予約は早めにとるようにした方が無難でしょう!
夏休みの計画がまだだな…なんて人は、是非ご家族や友人を誘ってキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか?