近年では、自宅で犬や猫といったペットを飼っているご家庭が非常に増えていますね。賃貸のマンションなどでも、昔より『ペット可』の物件が増えており、一人暮らしの方でも普通にペットを飼っている方をよく見ます。また、最近では筆者の子供の頃とはペットの扱いも変わってきており、まさに家族の一員としてペットに接しているという人が多いようです。
そのため、国内旅行や近場の観光などへも自動車にペットを乗せて一緒に行くという人も非常に多くなっており、観光地などを見て回っている時には、ペットと一緒のご家族を見る機会も非常に増えたと思います。しかし、このようにペットを連れて自動車で移動する場合には、様々な注意点があるということはご存知でしょうか?
以前、本サイトでもご紹介しましたが、ペットの乗せ方によっては、交通違反で取り締まられてしまう危険性もありますし、さらに「繋ぐのは可哀想だから…」などと自動車内を自由に移動できるような載せ方をすると、事故の危険性も非常に高くなってしまいます。また、急ブレーキの際には、大切なペットがシートなどに叩きつけられてしまい、怪我をしてしまう可能性まであるのです。
そこで今回は、ペットと一緒にドライブを楽しむ時、ペットの安全性も考えた様々なグッズをご紹介していきたいと思います。

ペットと一緒のドライブは危険がいっぱい!

自動車でお出かけする時に、大切なペットを同乗しドライブするのはとても楽しいものですよね!そんな経験はないという方でも、街中を走行する自動車の中にペットが一緒に乗っているという場面に出くわす事は、意外と少なくないのではないでしょうか。
しかし、ペットを同乗してドライブすることには、意外と危険が潜んでいるということは見落とされがちです。街中でペットを同乗し走っている自動車を見てみると、後部座席や助手席でリードも付けずに自由に動いているワンチャンなどをよく見かけます。このよう状況であれば、突然運転者にペットが飛びかかってくることも抑制できませんし、急なことに驚いて、ハンドル操作をミスして事故を起こしてしまう危険性も少なくありません
また、時には、自動車の窓から大型犬が身を乗り出している場合まで有り、このような状況は周囲を走行する自動車にとっても非常に危険なものなのです。
もちろん、上記のような危険だと判断される状況は、交通違反になってしまい取締の対象になってしまうこともありますので注意しましょう。
そこで、以下で、ペットと一緒にドライブを楽しむためには用意しておきたいグッズをご紹介していきたいと思います。

交通違反になるペットの乗せ方

準備しておきたいアイテムをご紹介

それでは、ペットと自動車でお出かけする際には、用意しておきたいアイテムをご紹介していきたいと思います。ペットも大型犬や小型犬とでは、サイズも行動習慣も大きく違うものですので、ご自宅のペットに最適なものを選んで、用意しておくようにしましょう!

ペッド犬用カーセーフティーネット

出典元: amazon
後部座席にペットを載せてドライブをするのであれば必須のアイテムがこれですね。画像の様に取り付けておく事で、愛犬が前座席に飛び出してくることを防ぐことが出来ます。取り付けも非常に簡単で、フックで固定するだけなので、ペットを載せない時には折りたたんでしまっておくことも可能ですね。amazonで見る

HUGFAM(ハグファム) ペット 消臭 スプレー

出典元: amazon
筆者個人的にですが、是非用意しておいた方が良いと思うのは、ペットとのドライブ後などに使用できる消臭スプレーです。ペットを飼っている人からすればあまり気にならないかもしれませんが、犬や猫の臭いという物は、他人からすると意外と気になる物です。ドライブの後にシュっとスプレーするだけで良いのでとても便利だと思いますよ!amazonで見る

【PETBABA(ペットババ)】犬用シートベルト

出典元: amazon
次は、ワンちゃん用のシートベルトです。このアイテムは、後部座席のシートベルトに差し込む形で使用できるものですので、非常に便利です。急ブレーキの際に、何の固定もなく愛犬を載せていると、座席に強打し怪我をさせてしまう恐れもあります。人間がシートベルトをするように、ワンちゃんの安全も考えてキチンをシートベルトを用意しておきましょう!amazonで見る

Pettom ペット ドライブボックス

出典元: amazon
これは、ペットのチャイルドシートの様に使用できるドライブ用ペットボックスです。座席にきちんと固定するタイプの物ですので、万一の急ブレーキなどの場合にも、大切なペットを守ってくれます。また、降車時にはそのままペットを入れて移動できるペットボックスなので、旅行に行く時などには非常に重宝するのではないでしょうか?中型犬の大きさまで使用できるそうですよ!amazonで見る

VOOPH 新型ペット用ドライブシートカバー

引用元: amazon
大型犬とのドライブの場合は、ペット用シートを用意しておくと便利ですね。大型犬の脚力はバカにできる物ではありませんので、そのまま何の対策もなしに自動車に乗せてしまうと、爪などで座席のシートがボロボロになってしまう可能性があります。したがって、ペットを載せるときには専用のペットシートなどを用意しておくと、自動車を傷つけず、ペットも安心してドライブを楽しむことが可能になりますよ!販売サイトへ

まとめ

今回は、近年非常に増えているペットを同乗してのドライブを、より安全に楽しめるよう様々なアイテムをご紹介してきました。
上述しましたが、ペットを同乗してドライブを楽しむ場合、載せ方やペットの行動によっては交通違反になってしまうことがあるのです。あまり知られていないことかもしれませんが、頻繁にペットを連れてドライブする方は、もう一度その辺を調べておいたほうが良いでしょう。また、違反になるから…という以前に、自動車の運転中にペットが自由に動ける環境だと、非常に危険な状況に陥ることも考えられます。
大切なペットが怪我をしないためにも、しっかりとペットの乗車方法は考えるようにしましょう!