自動車税を滞納している自動車の廃車はどうすればいい?

廃車

今回は少し特殊な状況下での廃車手続き『自動車税を滞納している自動車の廃車手続き』についてご紹介したいと思います。
自動車税は、4月1日時点で自動車を所有している人に課税されるもので、基本的に5月上旬ごろに納税通知が届き、それを持って支払いを行う物です。この税金は自動的に引き落とされるといった物ではないため、うっかりしていて支払いに行くのを忘れていたという事も少なくないかもしれませんね。他にも、使用していない自動車をガレージに放置していて、どうせ使っていない自動車だからと、毎年届く納税通知を放置している方もいるかもしれません。
それでは、自動車を処分したいと思った時に上述のように「自動車税を滞納している!」といった場合は、どうすればいいのでしょう?普通に考えれば、「きちんと自動車税を納めてからでないと自動車の処分も出来ないよな…」と思いますよね。したがって、自動車税を滞納している場合には、自動車の処分もせずに放置しているといった場合も少なくないでしょう。
そこで今回は、自動車税を滞納している自動車の廃車手続きはどのようにすればいいのかという事をご紹介したいと思います。

自動車税を滞納している廃車のおすすめ業者

廃車買取カーネクストは、ユーザーが選んだ廃車買取業者1位の業者でプロの専門スタッフの方々が廃車に関する疑問や査定の対応をしています。不動車や事故車などの廃車買取も対応していて、車種や車の状態によっては高価買取も期待できます。

廃車手続きには自動車税は関係ない?

自動車税を滞納している自動車の処分について、最初に結論を言ってしまうと『自動車税を滞納している自動車でも、所有者が本人名義の場合は廃車手続きが出来ます。』
「なんだ、払わなくても良いのか、安心した!」と思った方もいるかもしれませんが、念のために言っておくと、「自動車を廃車にしても滞納分の自動車税が消える」訳ではありません。廃車手続き後に滞納している分の自動車税はきちんと納める必要があります。
では「なぜ自動車税を滞納していても廃車ができるの?」という点ですが、これは、廃車手続きを管轄する機関(陸運局や軽自動車検査協会)と自動車税を管理している機関が異なる為です。
自動車税は、冒頭でご紹介した通り『4月1日時点で自動車を所有している人に対して課税される税金』ですので、その自動車の使用の有無などは一切関係ありません。したがって、乗っていない自動車だから自動車税を支払いたくないといった理由などは通用しません。ただし自動車税は、廃車手続きが完了した翌月からは支払わなくてよくなるので、全く使っていない自動車がある場合には、出来るだけ早く廃車手続きを進めた方が良いでしょう。将来的には使用するかもしれないといった場合でも、一時的に自動車の抹消ができる『一時抹消登録』にしておけば税金の支払いなどをストップできますし、必要な時に再登録して使用を再開することも可能です。

自動車税には還付金制度があり、自動車を廃車にすると自動車税が戻ってくる場合があります。しかし、この還付金制度は「前払いした自動車税に過払い分があった場合」のみであり、滞納している場合に戻ってくるものではありません。滞納分は延滞金を加算した自動車税を必ず支払わなければいけません。

2年以上の滞納がある場合には廃車出来ない事も…

上記では「自動車税の滞納があっても自動車の廃車は出来る」と説明していますが、自動車税の滞納が2年以上にわたる場合には『嘱託保存』という措置が取られ、廃車手続きを進める事ができない場合もあります。この場合には、滞納している分のせめて1年分は納税するなど、廃車手続きが出来るようにしなければなりません。
心当たりがある方は、廃車手続きに進む前に税務署などに相談しましょう。

自動車税の滞納分は廃車にしても残ります

自動車税を滞納している自動車であっても廃車手続きを進める事ができるのは分かりましたね。しかし上述した通り、自動車を廃車にしたとしても滞納している自動車税の支払い義務がなくなるわけではありません。自動車税の滞納がある自動車の廃車手続きが完了すれば、1~2か月後に延滞金を加算された納税通知が手元に送られてきますので、必ず支払いましょう。自動車税などは延滞すればするほど延滞金が加算され、支払う金額も高くなってしまい、最悪の場合には財産の差し押さえ措置などを取られてしまう事もあります。税金はいつか必ず支払わなければならない物なので、出来るだけ早く支払った方が良いです。どうしてもお金に余裕がなくて支払いが出来ない場合などは、分納の相談などもできますので、放置するのではなく税務署などに相談しましょう!

面倒な廃車手続きは廃車買取業者に依頼するのが正解?

「自動車を廃車にする」と聞いても、一般の方であれば一度も経験したこともなく『廃車=スクラップ』と認識している人も多いですよね。しかし、廃車手続きは「自動車の登録を抹消する手続き」の事を指しており、その手続きには様々な書類や手間暇が必要になる物です。したがって、通常の廃車手続きだとしても、自分で進めるにはどうすればいいのかわからないといった人が多いのも事実です。
そこに『自動車税を滞納している』や『車検証がなくなった』といったイレギュラーまである場合には、さらに手続きも複雑化し、何から手を付けていいのか分からないとパニックになる事も多いことでしょう。
そこでこのような場合の廃車手続きは『廃車買取業者』に依頼することをオススメします。廃車買取業者は、廃車のプロですので、どのような状態の自動車でも無料で廃車手続きを代行してくれます。しかも廃車買取業者であれば、廃車にするような、中古車としての価値がない自動車であっても、鉄やアルミの資源や、まだ使えるパーツをリサイクルできるので、資源として高価買取りしてくれるのです。
面倒な廃車手続きを無料で行えるだけでなく、お金までもらえるとなると、不要な自動車の処分は廃車買取業者が最もお得と言えるのではないでしょうか!

まとめ

今回は、自動車の処分をしようと思った時に「自動車税を滞納していた!」といった場合、その自動車の廃車は出来るのかについてご紹介しました。
本稿でご紹介した通り、自動車税を滞納している自動車であっても、基本的には廃車手続きを進める事が可能とわかりましたね。中には、2年以上の自動車税を滞納しているといった場合には廃車手続きに進むことが出来ない場合もございますので注意が必要です。
どちらにせよ、自動車の廃車が完了したからと言って滞納している自動車税の支払い義務から逃れる事はできません。自動車税を滞納してしまうと『延滞金』が加算されるなど、得をする事などは一切ありません。どうせ支払わなければならない物ですので、きちんと納税通知が来た時に支払うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました