今回は、新しい自動車に乗り換えを考えた際、元々、所有していた自動車の処分について考えていきたいと思います。
皆さんが、自動車の買い替えを考えた時、真っ先に思い浮かぶのはどういった業者でしょうか?ほとんどの方は、普段付き合いのあるディーラーや、中古車販売店に下取りに出すことを考えて、実際に査定を行ってもらう人が多い事でしょう。しかし、長年使用していた自動車という物は、目に見えない『ガタ』も多く、考えていたような査定価格がつかない…なんてことも珍しくありません。
それでは、「査定額0円で、処分するには廃車手数料が必要です。」等と言われたときどうしますか?何社も査定に出すのも面倒だし、そのままディーラーに処分をお願いする人も多いかもしれませんね?
また、このような場合に、「新しく買い替えしてくれるなら、処分費を無料にしますが?」等と言われた時には、とても得した気分になるのではないでしょうか。
現在でも『自動車=ディーラー』と言うイメージは非常に強いため、上述の様な流れで自動車の処分をディーラーに依頼すると言う人は非常に多いものです。しかし最近では、査定額0円の自動車を無料で処分して貰えたとしても、実は損している可能性があるのです。それは、廃車にするようなボロボロの自動車でも買取りしてくれる廃車買取業者があるからなのですね。そこで今回は、査定0円と言われた自動車の最も賢い処分方法を考えてみましょう。

自動車の下取り価格は市場で決まる

それでは最初に、「自動車の下取り査定額はどのようにして決まる?」と言う点から考えていきましょう。皆さんは、見た目的にもまだまだ悪くなく、冠水歴や修復歴もないような自動車なのに、驚くほど低い査定額がついてビックリしたと言うような経験はありませんか?これは特に珍しい事ではなく、まだまだ動くような自動車であったとしても、「査定額0円です」となる事も意外と多いのです。

査定価格のポイントは自動車の需要

そもそも、ディーラーや中古車販売店が下取りなどで自動車を引き取る理由は、引き取った自動車を綺麗に整備して『再販』することが目的なのです。したがって、まだまだ現役で動く自動車であったとしても、ディーラー等が「買い手がつかないな…」と考える様な自動車であれば、高額な査定額を付ける事は出来ず、買取りを拒否してしまう場合まであるのです。
具体的な例をあげると、近年のガソリンの高騰もあり、ガソリン車よりもハイブリット車などの方が、人気が高い傾向にあります。その為、ガソリン車であれば、その人気の低さが反映され、買取価格も下がってしまう物なのです。さらに、10万km以上走行しているような過走行車等となると、基本的に納得のいくような査定額がつくような事はないと思っておきましょう。
このように、下取り査定額は、基本的に日本国内での中古車需要が大きく影響する物なのです。しかし、例外もあるので簡単にご紹介しておきましょう。例えば、近年人気が高い日本のSUV車は、海外でも非常に高い人気があります。その為、海外へ販売ルートを持っているような廃車買取業者に査定をしてもらった場合、過走行車であっても予想外に高い査定額がつく事もあります。

中古車の査定基準の詳細

事故車や水没車の買い替え

ここまでは、まだまだ現役で動く自動車の買い替えについてご紹介してきましたが、自動車の買い替えが必要になるタイミングには、

  • 事故に遭ってしまい、買い替えするしかない…
  • 洪水で自動車が水没してしまい、もう使用できない…
  • ガレージに放置していた自動車が、エンジンが壊れてしまい動かなくなった…

上記の様な状況も考えられますね。事故車や水没車、不動車といった自動車であれば、基本的にディーラー等に買取りを拒否されてしまい、廃車にしてから新しい自動車を購入するといった流れになります。
そもそも、こういった自動車であれば、動かす事も出来ないので下取り査定に出すことも難しいですし、廃車するにしても、「どうやって自動車を動かせばいいのか?」が問題となりますね。例えば、自分でレッカーを依頼して自動車を運ぶと考えると、レッカー費用だけでも数万円必要になる場合もあり、少なくない出費が必要になります。
しかし、この様な場合でも、廃車買取業者に連絡すれば、事故や災害にあった現場まで自動車を引取りにきてくれます。また、ほとんどの業者が、レッカー費用まで全て無料で引き取りに来てくれるうえ、自動車の状態によっては高額な金額で買取りまでしてくれるのです。
自動車の買い替えが必要になった時には、何も考えずディーラー等に任せっきりにしてしまう人が多いものですが、需要で決まる下取り査定額よりも、廃車買取業者に依頼した方が高値で売れると言う事も意外に多いと覚えておきましょう。

廃車買取業者が事故車でも買取りする理由

それでは最後に、廃車買取業者であれば、事故車や水没車、不動車を買取りしてもらえる理由を簡単にご紹介しておきましょう。事故車や水没車等は、中古車市場に激安価格で出したところで、なかなか買い手がつく事はありません。皆さんも、中古車を選ぶ時には、このような自動車は避けて通るのではないでしょうか?
冒頭でもご紹介したように、ディーラーや中古車販売店は引き取った自動車の再販が目的ですので、売れない自動車は邪魔でしかないのです。しかし、廃車買取業者という物は、そもそも引き取った自動車の『再販』を目的としていないのです。
自動車の車体には、多くの鉄やアルミなどが使用されているのですが、実はこのような鉄やアルミといった金属は『リサイクル資源』として、結構な金額で売却が出来るのです。また、事故車だと言っても、ダメージのない部品に関しては、綺麗に整備すればリサイクルパーツとして売却できるものも多く残っています。
廃車買取業者は、独自のルートでこのような『リサイクル資源』を売却する事が出来るので、自動車としての需要や「動くのか?」等といった事が全く関係なく、どのようなボロボロの自動車であっても買取りすることが可能となるのです。さらに、廃車買取業者が廃車を欲しいがっていると言う理由がある為、自動車を処分する時に必要になる廃車手続きに関しても、全て無料で行ってくれるのです。
もちろん、需要の高い綺麗な自動車などであれば、ディーラーや中古車販売店に持って行った方が高値で売れる事も多いのですが、自動車の状態によって査定額が気に入らないと言う場合には、廃車買取業者に相談してみましょう。

廃車買取業者が廃車を買取る理由

まとめ

今回は、自動車の買い替えを考えた時に、元々使用していた自動車の処分に関して、査定0円等と言われた場合でも、そのままの流れで処分を依頼するのが正解なのか考えてみました。
本稿でもご紹介しているように、ディーラーや中古車販売店は、引き取った自動車を再販することが目的ですので、どれだけ大切に使用していた愛車だとしても、その自動車に需要がない限り納得のいく査定額がつく事はありません。ディーラー等は、あくまでも『自動車』としての価値を見ているものですので当たり前ですね。
しかし、廃車買取業者は、解体することを前提としており、鉄やアルミなどの資源や、再使用できるパーツがどれだけあるのかと言う『リサイクル資源』としての価値で査定を行ってくれるため、「自動車が水没した…」「動かない」等といった事は関係がないのです。自動車の買い替えを考えた時に、納得のできない査定が出た場合、念のため廃車買取業者にも連絡してみる事をオススメしますよ!