今回は、不要になった自動車の永久抹消登録について、少し詳しくご紹介したいと思います。そもそも永久抹消登録と聞いても「何それ?」と、何のことか全く分からないと言う方も少なくないかもしれませんね。
永久抹消登録とは、自動車の廃車手続きの一つで、事故車や過走行車、水没してしまった自動車など、中古車として売却できないような二度と使用しない自動車に対して進める廃車手続きです。自動車の廃車に関しては、一般の方であれば、普段経験することがほとんどありませんし、その自動車をスクラップにすることが『廃車手続き』なのだと勘違いしている人も少なくありません。しかし、自動車の廃車とは「その自動車の登録を抹消する手続き」の事であり、手続きを進めるには様々な書類を用意する必要があるのです。さらに、その手続きも「普通車か軽自動車か?」「自動車の所有者欄は本人か?」等の条件によって、必要になる書類が増えたりするので、意外とややこしいものなのです。
そこで今回は、様々なケースでの『永久抹消登録』に必要になる書類をまとめてご紹介したいと思います。

廃車手続きをご検討の方に朗報!
廃車ってお金にならないよね?
廃車手続きって費用がかかるの?
どんな状態の車でも相場より高く売れるんです。しかも廃車手続きが無料!
>> 「何故、どんな車でも高く売れるのか」はコチラ

廃車手続きの種類について

それでは最初に、自動車の廃車手続きの種類について簡単にご紹介しておきましょう。冒頭でもご紹介しましたが、自動車の廃車はその自動車をスクラップにすれば完了と勘違いしている人も意外と多いものです。しかし、自動車をスクラップにしたからと言っても、その自動車の登録は削除されませんので、その後の手続きを行わなければ自動車税などの支払い義務もなくなりません。したがって、自動車の状況によって最適な廃車手続きを進めなければならないのです。

  • 一時抹消登録(軽自動車の場合:自動車検査証返納届)
    長期出張や長期入院等で、一時的に自動車の使用を停止する為に進める廃車手続きです。一時抹消登録中は、自動車税などの税金をストップ出来る為、金銭的なメリットがあります。再登録すれば、再び公道で使用できます。
  • 永久抹消登録(軽自動車の場合:解体返納)
    事故や水没、過走行などで中古車として売却できない不要な自動車に対して進める廃車手続きです。基本的に自動車の解体を前提としています。また、永久抹消登録をした自動車は二度と公道で使用できません。
  • 解体届出
    一時抹消登録した自動車で、やはり解体するとなった場合に進める手続きです。

一言に『廃車手続き』と言っても、上記の様に種類があり状況によって進めるべき手続きは異なるのです。
それでは、以下で様々なケースの永久抹消登録に必要になる書類をご紹介していきましょう。

永久抹消登録に必要になる書類

それでは本題の、様々なケースの永久抹消登録で必要になる書類をご紹介していきましょう。オーソドックスな状況下での永久抹消登録に必要になる書類は以前別記事でまとめていますので、以下のボタンからご確認ください。

普通車の永久抹消登録で引っ越ししているケース

自動車を所有している方が、引っ越しをしたのに車検証の住所変更などを怠り、現住所と異なっている場合には必要になる書類が増えてしまいます。そもそも、車検証の住所は、引っ越しが完了してから15日以内に変更手続きを行わなければならいと決められており、罰則も用意されています。しかし、頻繁に転勤がある人などであれば、放置して自動車を使用している人も少なくありません。このようなケースでは、以下の書類を用意する必要があります。

引っ越しが1回の場合

通常の必要書類に加えて、所有者の住民票が必要になります。

引っ越しが2回以上の場合

引越しが2回以上ある場合には、『戸籍の附票』も必要です。住民票は「何処から何処へ転居した」という事しか証明が出来ない為、複数回の転居を証明するには転居歴のわかる『戸籍の附票』が必要になるのです。

車検証の住所変更について

所有者が本人以外の永久抹消登録

廃車手続きを進める為には、基本的に車検証に記載されている『所有者』の名義が本人の名前でなければできません。しかし、場合によっては所有者名義が本人以外という事も考えられますよね。これは、知人に自動車を譲ってもらったけど、何らかの理由で名義は知人のままであるとか、ローンで自動車を購入したので所有者名義がディーラーやローン会社になっている(所有権留保)等です。このようなケースでは、永久抹消登録の前に様々な書類を用意しなければいけません。

所有者名義が知人のままのケース

このケースは、永久抹消登録の前に名義変更をする『移転抹消』と言う手順を踏む必要があります。その為、以下の書類が必要になります。

  • 元の所有者の実印を押した譲渡証明書
  • 元の所有者の実印を押した委任状と印鑑証明
  • 所有者の実印
  • 所有者の印鑑証明

所有者名義がローン会社などのケース

ローンで自動車を購入する場合、ディーラーやローン会社が所有者として登録される所有権留保と言う処置がとられることがほとんどです。ローンを完済し、手続きを進めれば所有権解除してもらう事は簡単に出来ます。所有権解除の方法については以前記事にまとめていますので、こちらをご参照ください

所有者が故人

廃車にしたい自動車の所有者が既に亡くなっている場合も考えられますね。こういった時には、まず「誰が自動車を相続するのか?」という事を決めなければいけません。そして、相続者が決まったら、その相続者が以下の書類を用意して廃車手続きを進めます。

  • 遺産分割協議書
  • 亡くなった所有者の戸籍謄本
  • 除籍謄本
  • 相続する方の戸籍謄本
  • 相続する方の印鑑証明書
  • 相続する方の実印

因みに軽自動車の場合は、価格が安いため資産との扱いを受けず、名義変更後、通常の廃車手続きを進めれば問題ありません。

その他のケースの永久抹消登録

永久抹消登録には、上記以外にも必要書類が増えてしまうケースがたくさん考えられます。良くありそうなケースを以下にご紹介しておきましょう。

結婚や離婚で車検証の名義と苗字が異なるケース

これは、よくありそうなケースですね。廃車手続きは、車検証に記載されている『所有者』の名義と名前が一致していなければいけません。その為、結婚や離婚で『苗字』が変わってしまい、車検証と一致しない場合は必要書類が増えるのです。このような場合には、永久抹消登録を進める前に名義変更を行う必要があり、その際には『戸籍謄本(こせきとうほん)』または『戸籍抄本(こせきしょうほん)』が必要になります。

車検証又はナンバープレート、もしくはその両方を盗難された場合

自動車の廃車手続きを進めるには、車検証やナンバープレートが必要になります。しかし、場合によっては、盗難や災害によって車検証などを用意できない場合も考えられます。
このような場合、以下の書類を用意しましょう。

  • 理由書(車検証がない理由やナンバープレートを返却できない理由を記載)
  • 盗難届(盗難された場合)
  • 罹災証明書(自然災害の場合)

どんな状態の車でも相場より高く売れるんです。しかも廃車手続きが無料!
>> 「何故、永久抹消するような車でも高く売れるのか」はコチラ

まとめ

今回は、様々な場面での永久抹消登録について、通常の手続きとは異なり、必要な書類が増えてしまうケースをいろいろとご紹介してきました。
自動車の永久抹消登録は、普段の生活の中ではほとんど経験する事などありませんし、オーソドックスな手続きだとしても何をどう進めればいいのかよくわからない…と言う方がほとんどでしょう。さらに、上述のように、少しのイレギュラーが発生した場合には、さらに手続きがややこしくなりますし、書類も増えてしまうのです。
したがって、こういった場合の廃車手続きはパニックになってしまう事も非常に多いでしょう。そこで、イレギュラーが発生した場合の永久抹消登録は『廃車買取業者』に依頼することをお勧めします。廃車買取業者と言う名称は、まだまだ聞いたことがないと言う人も多いかもしれませんが、その名前の通り、廃車に関するプロです。
廃車買取業者は、日々いろいろなケースの廃車手続きを進めていますので、どのようなイレギュラーのある廃車でもスムーズに進める事が出来るのです。さらに、様々な面倒な手続きも全て無料で代行してくれる上、廃車を考えているようなボロボロな自動車まで買い取ってくれるのです。
自動車の永久抹消登録が必要になった時には、まず廃車買取業者に連絡してみましょう!