自動車の廃車手続きについては、一般の方であれば普段ほとんど経験することがない手続きの為、どのような書類が必要で、また、どこに行けば手続きが出来るのかさっぱり分からないと言う人は少なくないでしょう。
しかし、自動車という物は、いずれ処分しなければならない時が必ずやってくるものですので、その時の為にある程度の知識は持っておいた方が良いでしょう。なぜかと言うと、実は自動車の廃車手続きは、様々な書類を集めたり、書類手続きの為、陸運局などに足を運んだりと、何かとやる事が多く皆さんが想像している以上に時間がかかる物なのです。
さらに、廃車手続きに手間取ってしまうと、税金や保険料金等で損をしてしまう可能性もある為、予め廃車手続きにどのくらいの時間がかかるのか把握しておき、余裕を持ったスケジュールを組んでおいた方が良いものなのです。
そこで今回は、一般的な廃車手続きにかかる日数についてご紹介していきたいと思います。

廃車手続きにも種類がある。

一般の方であれば、『自動車の廃車』と聞けば、その自動車をスクラップにすることだとイメージするかもしれませんが、実はこの認識は少し間違っています。自動車の廃車手続きという物は、「その自動車の登録を抹消する手続き」の事を指しており、その廃車手続きにも種類があるのです。

  • 一時抹消登録
  • 永久抹消登録

一般的に必要になる廃車手続きは、上記の様に『一時抹消登録』と『永久抹消登録』の2つに分かれており、廃車後の自動車の取り扱いによって進めるべき手続きが異なるのです。
例えば、長期的な海外出張や長期入院などで、しばらくの間は自動車を使わないことが決まっている時に進める手続きが『一時抹消登録』で、この場合は自動車の解体(スクラップ)等も行いません。
もう一つの『永久抹消登録』は、二度と使用する予定のない自動車に対して進める手続きで、こちらは解体を前提とした手続きとなります。これは、事故に遭って動かなくなった場合や、自動車が水没してしまった等、二度と使用できない自動車に進める手続きとなり、一般の方がイメージする『廃車=スクラップ』は、コチラの永久抹消登録から来ているのだと思います。

自動車の状況 廃車の種類
一時的な利用中止 一時抹消登録
完全に車を破棄する 永久抹消登録

廃車手続きについては、上記の様に覚えておけば問題ないと思います。
注意が必要なのは、永久抹消登録を進めた自動車は、二度と公道で使用できなくなりますので、一時的に使用停止したい自動車に『永久抹消登録』を進めてしまった場合、自動車の買い替えが必要になってしまうという事です。あまり出くわすことがない状況ですが、例えば、自動車が盗難されてしまったからと、永久抹消登録を進めると、盗難車が見つかり返ってきたとしても、その自動車は使用できません。
完全に破棄したい自動車が『永久抹消登録』だと覚えておきましょう。

廃車手続きに必要な日数

それでは、廃車手続きにかかる大まかな日数を考えていきましょう。言葉で『廃車手続き』と聞くと、簡単にすぐ出来そうなイメージがあるかもしれませんが、どちらの廃車手続きにしても様々な書類を用意しなければならない等、その辺りの準備期間も含めるとすぐに出来る物ではありません。ここでは、普通車におけるそれぞれの廃車手続きを自分で行った場合の日数を考えてみたいと思います。

一時抹消登録に掛かる日数

まずは、普通車の一時抹消登録に掛かる日数です。もちろん、「今まで廃車手続きを経験したことがあるのか?」等によって必要になる日数は異なりますが、一般的に1~3日程度で廃車手続きが完了すると思っていいでしょう。
そもそも一時抹消登録の場合は、再使用を前提としていますので、自動車の解体も必要なく、ナンバープレートを取り外すだけで、自動車に関する前準備は完了します。その他にも色々な書類を集めなければならない物ですが、基本的に簡単に手に入る物ですので、廃車手続きに詳しい人が進めれば、実作業は1日で終わる事も珍しくないでしょう。
注意が必要なのは、普通車と軽自動車では必要書類が異なる事と、手続きを進める機関が異なる事です。一時抹消登録に必要な書類は、以下のボタンからご確認ください。

永久抹消登録に掛かる日数

それでは次に、永久抹消登録に掛かる日数についてです。永久抹消登録は、一時抹消登録とは異なり、手続きを進める前にかなりの準備が必要となります。何しろ永久抹消登録の場合は、『解体(スクラップ)』が前提となっていますので、解体工場に自動車を持ち込んで解体作業をしてもらう必要があるのです。解体作業は、依頼した解体業者の忙しさなどによっても必要な日数が変わりますが、時期によっては2週間程度掛かってしまう場合もあるのです。解体が完了すれば、ナンバープレートと解体報告記録がなされた日、移動報告番号等が貰えますので、その他の必要書類を集めて陸運局などで手続きを進めます。
このような流れもあり、永久抹消登録に必要な日数は、早くても3日、解体に手間取れば10日以上かかってしまうと考えておきましょう。尚、廃車手続きは、解体作業が完了後、15日以内に手続きを済ませなければいけません。
永久抹消登録も、普通車と軽自動車で手続き機関や必要書類が異なりますので、必要書類は以下のボタンからご確認ください。

まとめ

今回は、一般の方の間ではイマイチ進め方すら分からない廃車手続きに関して、手続きに必要になる日数をご紹介してきました。本稿でご紹介している日数は、あくまでも何のイレギュラーもなく、スムーズに廃車手続きが進んだ場合で考えていますが、実際には、結婚で車検証の名義と名前が違う、引っ越しで住所が変わってしまった場合などは必要書類が増えてしまい、余計に日数が掛かってしまう事もあります。
このように、自動車の廃車手続きという物は、意外と手順や準備しなければならない物も多く、自分で進めようと思った時には面倒くさい等と言った理由で、途中であきらめてしまう等と言った人も少なくないでしょう。その為、廃車手続き自体を付き合いのあるディーラー等に依頼する人も多いのですが、この場合、基本的に廃車代行手数料などが必要になります。
そこで、自動車の廃車手続きが必要になった場合には、廃車買取業者に連絡してみる事をお勧めします。廃車買取業者は、その名称からも分かるように『廃車に関するプロ』と言える業者です。その為、どのようなイレギュラーのある廃車手続きだとしても、スムーズに廃車手続きを進めてくれます。さらに廃車手続きに関しては全て無料で進めてくれますし、廃車を予定しているようなボロボロになった自動車でも高額な金額で買い取ってくれるのです。
つまり、面倒な手続きをお金を貰いながら進めてもらえると言う、夢の様な業者さんです!