今回は、自動車の廃車手続きと自賠責保険の関係についてご紹介したいと思います。日々、自動車を使用している方であれば、強制保険である自賠責保険は必ず加入しているものです。しかし、加入に関しては特に問題なく出来るのに、自動車を廃車する際には「廃車後の自賠責保険をどうすればいいのか分からない…」と言う方は少なくありません。
このような方の中には、「廃車手続きをすれば自動的に自賠責保険も解約される」と考えている人も意外と多いものですが、自動車を廃車にする際には、自分で保険会社に連絡して、解約の手続きを進めなければならないのです。さらに覚えておきたいのは、『保険期間中に自動車を廃車にして解約した場合、過払い分の自賠責保険料が戻ってくる場合がある』と言う事です。
したがって、自動車の廃車手続きを進める場合には、きちんと自賠責保険の解約手続きをしなければ、大きな損をしてしまう可能性もあるのです。
そこで今回は、自動車を廃車した後に必要になる自賠責保険の解約手続きについてご紹介したいと思います!

>> 廃車にすると自賠責の残り分が還付されます。廃車買取WEB査定

廃車手続きは一つではない!

それでは最初に、自動車の廃車手続きに関してご紹介しておきたいと思います。自動車の廃車に関しては、言葉はよく耳にするけれど、その詳細までは分からないと言う人も多い事でしょう。さらに人によっては、『必要のなくなった自動車をスクラップにすること』が廃車なのだと勘違いしている人も多いです。
最初に言っておきますが、『廃車』とは「自動車の登録を抹消する手続き」の事を指しており、廃車にすると言っても全てのケースでスクラップにするわけではないのです。
以下で、一般的に必要になるケースが多い廃車手続きをご紹介します。

一時抹消登録(軽自動車の場合:自動車検査証返納届)

これは、長期出張や長期入院など、一時的に自動車を使用しなくなる時に行う廃車手続きです。
一時抹消登録中は、法律的に公道で走行することが出来なくなりますが、再登録をすれば再度使用できるようになります。なぜこのような手続きを行うのかと言うと、自動車は使用の有無にかかわらず、登録が残っていれば自動車税や自賠責保険料を支払わなければならないからです。したがって、しばらく使用しないとわかっている自動車は、一時的に登録を抹消し、上記の様な無駄な費用を節約するのです。
もちろんですが、一時抹消登録は、将来的に再使用を想定していますので、自動車をスクラップにすることはありません。

>> 再販売ができる車を高価買取(無料WEB査定)

永久抹消登録(軽自動車の場合:解体返納)

永久抹消登録は、一時抹消登録とは異なり「二度と使用しないとわかっている自動車」で進める廃車手続きです。具体的には、過走行や事故車、水没車などの様に中古車として売却できない自動車です。
この永久抹消登録は、基本的に自動車の解体(スクラップ)を前提としており、解体工場で自動車を解体後、陸運局等で廃車手続きを行います。一般の人がイメージする『廃車=スクラップ』というのは、この永久抹消登録の方ですね。

上記の様な廃車手続きが完了後、自賠責保険の解約手続きを自分で進めなければいけません。自賠責保険の解約手続きを進めるには、廃車をしたと証明する書類が必要になります。これは、永久抹消登録の場合は「登録事項等証明書」、一時抹消登録の場合は「登録識別情報等通知書」、軽自動車の返納届出は「自動車検査証返納証明書」という物ですが、無くさないように大切に保管しておきましょう。

>> 不動車、事故車を高価買取(無料WEB査定)

自賠責保険の解約について

それでは自賠責保険の解約手続きに関してみていきましょう。上述していますが、自賠責保険は加入を義務付けられている『強制保険』となっていますので、解約するには自動車の廃車が完了している事を証明しなければいけません。その為、手順的には「廃車手続きが完了」してから、自賠責保険の解約手続きを行う事となります。
また、自賠責保険は民間の保険会社が提供している保険に加入する物ですので、陸運局などで廃車手続きと同時に行うという物ではなく、自分が加入している保険会社に連絡し、個別に解約手続きを進めなければいけません。この時に注意が必要なのは、自動車を廃車にしたからと言って、保険会社などから解約を進める連絡などが入る訳ではない為、自ら「解約したい」と言う希望を保険会社に連絡しなければならない点です。

自賠責保険の解約に必要な物

それでは、実際に自賠責保険を解約する為に必要になる書類を以下でご紹介しましょう。必要書類は、加入している保険会社によって異なる場合もありますので、予め確認しておいた方が良いでしょう。

自賠責保険の解約に必要になる書類

  • 上述した廃車を証明する書類(登録事項等証明書or登録識別情報等通知書or自動車検査証返納証明書)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書の原本
  • 保険契約者本人であることの確認書類(運転免許証・健康保険証など)
  • 所有者の印鑑(認印でOK)
  • 還付金がある場合は振込先口座情報

自賠責保険の還付金について

自賠責保険は、自動車を廃車にした際、保険の残存期間が1ヵ月以上残っている場合には、過払い分の保険料を戻してもらう事が出来ます
しかし注意が必要なのは、「還付される金額は廃車完了日から算出される」という訳ではなく、「保険会社に解約申請をした日から算出される」と言う点です。つまり、廃車が完了したからと、のんびりしていると還付されるはずの金額が減ってしまう可能性があると言う事です。少しでも多くの還付金を受け取るには、廃車完了後、出来るだけ早く自賠責保険の解約申請をしなければいけません。
自動車を廃車することによって受け取れる還付金については、別記事でまとめていますのでそちらをご覧ください。

廃車による還付金について
>> 廃車にすると自賠責の還付を受けることができます(無料WEB査定はコチラ)

まとめ

今回は、自動車の廃車手続きが完了した後に必要になる、自賠責保険の解約手続きについてご紹介してきました。
本稿でもご紹介しているように、自動車の廃車手続きという物は、普段の生活でほとんど関わる事が無いため、廃車の意味ですら勘違いしている人が多いものです。自動車の廃車とは、その自動車の登録を抹消する手続きの事を指しており、その手続きを行わなければ税金等の支払い義務もなくならない物なのです。さらに、自動車の廃車手続きが完了したとしても、別途自賠責保険の解約手続きが必要になるなど、「やる事が多すぎてパニックになる…」なんてことも珍しい事ではないでしょう。
そこで、自動車の廃車手続きは『廃車買取業者』に依頼することをお勧めします。廃車買取業者は、その名前からわかるように廃車に関するプロです。その為、どのような廃車手続きであってもスムーズに廃車手続きを進めてくれますし、廃車に関わる様々な手続きも全て無料で行ってくれるうえ、廃車にするような自動車だとしても買い取ってくれるのです。因みに、廃車買取業者に廃車を依頼した場合は、依頼する業者によって自賠責保険の解約を自分で行う必要があったり、自賠責保険の還付金を含めて買取金額を提示されたり、いろいろなパターンがあるので業者に確認する必要があります。
必要のない自動車を廃車買取業者に引き取ってもらうだけで、予想外に高額なお金を貰えることも多いですよ!