今回は、自動車を所有している方でも意外と見落としがちな「自賠責保険証を無くしてしまった…どうすれば?」と言う場面についてご紹介していきたいと思います。
自賠責保険は、自動車を所有するのであれば、加入を義務付けられている所謂『強制保険』と呼ばれる保険です。この保険は、基本的に交通事故などによる被害者を救済するものですし、事故を起こしてしまった時以外は、必要になる場面も少なく、気付いた時には紛失していたという事も少なくありません。このような場合には、どのようにして再発行すればいいのか?そもそも再発行できるものなのか?等と、お困りになった経験がある人も少なくないのではないでしょうか?
さらに自賠責保険は、自動車の廃車手続きを進めると還付を受ける事も出来ますので、車検期間が残っている自動車の廃車であれば、自賠責保険証が紛失したままでは1万円以上損をしてしまう可能性もあるのです。
そこで今回は、万が一自賠責保険証を紛失してしまった時の再発行手順についてご紹介していきたいと思います。

そもそも自賠責保険とは?

それではまず、自賠責保険の基礎知識に関してご紹介しておきましょう。自賠責などと略して呼ばれることが多いですが、正式名称は『自動車損害賠償責任保険』と言います。この保険は、車検を受ける際に強制的に加入を義務付けられる保険で、『強制保険』などとも呼ばれます。自賠責保険の加入が義務となっているのは、冒頭でも触れた通り、事故の被害者に対してきちんと補償をするためです。因みに、自賠責保険に未加入のまま、公道で自動車を走行させた場合、『1年以下の懲役又は50万円以下の罰金。違反点数が6点』と言う非常に厳しい罰則が設けられています。
一般的に自家用自動車の車検は2年毎に行いますので、この自賠責保険も車検時に2年間分まとめて保険料を先払いする仕組みになっています。したがって、車検の有効期間中(2年間の間)に自動車を廃車にする事になった場合、先払いした自賠責保険のうち、有効期限までの残り分を還付金として返してもらう事が出来るのです。
ただし、この還付金を受け取る為には、自賠責保険証明書が必要になり、紛失して手元にない場合、再発行してから廃車手続きを進めなければいけません。

自賠責保険の還付について

自賠責保険証明書があるか一度確認してみよう

引用元: 三井住友海上公式サイト

自賠責保険に加入していれば、必ず『自賠責保険証明書』が発行されています。上述の通り、この『自賠責保険証明書』は様々な場面で必要になる為、きちんと無くさないように保管しなければいけません。
自賠責保険証明書は、一般的に上画像の様な、薄い青色をした書類で、そこには登録番号や保険期間等が記載されています。大きさ的にはB6程度の書類となっていて、車検証と一緒に入れ、ダッシュボードの中に保管しているケースがほとんどでしょう。
現在、自動車の廃車等は特に考えていないと言う人でも、万が一の時には必ず必要になる書類ですので、紛失していないか一度確認することをお勧めします。もし、紛失していたことが分かったら、以下の手順で早急に再発行してください。

自賠責保険証明書の再発行手順

それでは、『自賠責保険証明書』の再発行についてご紹介します。もちろんですが、自賠責保険証明書は紛失したとしても再発行は可能です。
自賠責保険証明書の再発行に関しては、そこまで複雑な手続きが必要な訳でもなく、基本的に加入している保険会社に連絡をして再発行の手続きを進めればOKです。

  • STEP1 加入している自賠責保険の保険会社に連絡して、再発行の申請書を取り寄せる
  • STEP2 送付してもらった申請書に必要事項を記入し、再発行の申請を行う

自賠責保険証明書の再発行は、基本的に上記の2段階の手順を踏めば再発行してもらう事が可能です。
自賠責保険証明書の紛失に気付いた場合には、早急に保険会社に連絡しましょう。

再発行に必要になる書類

それでは、実際に自賠責保険証明書の再発行に必要になる書類をご紹介していきましょう。ここでは、一般的に再発行に必要になる書類をご紹介しますが、この辺りは保険会社によって微妙に異なる場合があるので、念のため加入している保険会社に確認することをお勧めします

自賠責保険証明書に必要になる書類

  • 保険会社から送付されてくる自賠責保険証明書の再交付申請書
  • 身分証(運転免許やパスポートのコピー)
  • 印鑑

一般的に、自賠責保険証明書の再発行には上記の様な書類が必要になります。再発行にかかる費用に関しては、保険会社により異なりますが、基本的に無料です。
上記の書類を揃えて、再発行の申請をしてから約1週間程度で再発行が完了します。

加入している保険会社が分からない

自賠責保険証明書の再発行を行う為には、もちろんの事、自分が加入している保険会社に再発行の申請を行わなければいけません。しかし、再発行を行うという事は、保険会社の名前が入った証明書を紛失しているという事ですので、自分がどこの保険会社に加入しているのか覚えていないというケースも考えられますね。
このような場合には、最初に自分がどこの保険会社に加入しているのかを調べなければいけません。方法的には、自動車を購入した販売店に連絡してみる事や、車検を代行してもらった業者へ聞いてみると良いでしょう。それでもどうしても分からない場合は、手当たり次第に保険会社に連絡してみるしかありません。日本国内で自賠責保険を取り扱っている保険会社の一覧は、国土交通省がまとめていますので、そちらをご確認ください

まとめ

今回は、万が一の事故や廃車手続きの時に必要になる自賠責保険証明書を紛失してしまった時、その再発行手順についてご紹介してきました。
自賠責保険は、万が一、事故を起こしてしまった場合に必要になる書類と言うイメージが強いものですが、本稿でもご紹介しているように、廃車手続きの際にも必要になる書類です。車検期間が残っている自動車で、自賠責保険証明書を紛失したまま廃車手続きを進めてしまうと、せっかく貰えるはずの還付金を貰い損ねてしまい、結構な金額を損してしまう事もあるのです。したがって、自賠責保険証明書の紛失に気付いた時には、早急に再発行の手続きを進めましょう。
もちろん、絶対に無くさないように車検証などと一緒に大切に保管しておくことが、最もオススメな方法ですよ!