廃車の登録をしたけどキャンセルしたい

「しばらく車に乗らない事情ができた」「新しい車を購入する」「事故や災害で車がダメになってしまった」など、廃車に至る理由はさまざまです。しかし、予定が変わってしまって、廃車手続きをキャンセルしたいというケースもあり得るでしょう。

今回は廃車の登録をした際にキャンセルが可能かどうかを中心に解説し、廃車するのにかかる費用や費用を抑えるポイント、自分で手続きをしたほうがいいか、業者に頼んだほうがいいのかを解説していきます。

まずは永久抹消登録と一時抹消登録を理解しよう

キャンセルできるかどうかの前に廃車の登録について学びましょう。車を廃車にする場合、2種類の方法があります。

  1. 永久抹消登録
  2. 一時抹消登録

永久抹消登録とは読んで字のごとく、車を永久に抹消する登録のことを指します。具体的には車を完全に解体した後に登録ができるので車としての形は残っていません。永久抹消登録された=車は解体された状態となります。

一時抹消登録は一時的に車を利用することができないようにするための登録です。永久抹消登録とは違い、車は解体された状態にはなりません。一時的に出張するため、車を使う機会がないなどの場合、一時抹消登録をすることで期間内の自動車税を払わずに済みます。

永久抹消登録と一時抹消登録は自身でもできますし、業者にやってもらうことも可能です。

永久抹消登録の場合はキャンセルが難しい

永久抹消登録が完了した=すでに車両は解体されているのでキャンセルは不可能です。しかし、業者に永久抹消登録をお願いしている状態であれば、ひょっとしたらキャンセルできるかもしれません。なぜできるのかは業者に頼んだ場合の流れを見てみましょう。

永久抹消登録の流れ

  1. 業者に廃車予定の車を引き渡す
  2. 業者は手続きの代行や解体処理を行う
  3. 抹消登録証明書を受け取る

永久抹消登録の流れは大まかに上記となります。キャンセルが可能かどうかのキーポイントは2番です。手続きの代行や解体処理に取り掛かるのは業者によって様々です。数日で完了する場合もありますし、一か月かかる場合もあります。時期や業者の混み具合にもよりますので、何日までなら大丈夫とは言い切れません

つまり、永久抹消登録をお願いしてしまい、キャンセルする場合は早めにキャンセルをしたいことを伝えるようにしましょう。

一時抹消登録の場合は可能

車が車道を走れる状態にあることが前提ですが、一時抹消登録の場合は、廃車をキャンセルすることが可能です。再登録すればいいだけの話だからです。

登録をするためには新規検査をする必要があります

新規検査とは

新規検査とは車の安全性の調査や公道での走行を許可してもらうことを指します。一時的に廃車扱いとなっているため、再度の検査が必要なためです。普通自動車は運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会で新規検査を受ける必要があります。基本的には新規登録と変わりませんので、必要書類も変わりません

再登録するための費用は?

再登録するために必要な費用は下記になります。

  1. 新しいナンバープレート 約4,000円
  2. 自動車税
  3. 重量税
  4. 自賠責保険料

税金については車種によって支払う金額が違うため断定することはできませんが、新しいナンバープレートは大体4,000円ほどです。ただし、特殊なプレートにしたい、ナンバーを指定したいなどの場合は別途費用がかかりますので注意してください。

永久抹消登録をするか一時抹消登録をするかの判断

基本的に永久抹消登録をする場合は二度とこの車を使わない」と決めたです。すでに新しい車を購入することが決まっていたり、事故によって使い物にならなくなったときなどに行うべきでしょう。一時抹消登録の場合は急な長期間の出張や病気やケガで車が運転できなくなったときなどに行うといいでしょう。

廃車費用を抑えるには?

永久抹消登録でも一時抹消登録でも業者に頼むと以下の費用がかかります。

永久抹消登録の場合

  1. 引き取り代 0円から3万円が目安
  2. スクラップ代 0円から3万円が目安
  3. 自動車リサイクル料金 7千円から2万円が目安
  4. 廃車代行費用 0円から1万円が目安

引き取り代は車がどの程度動くかにより変動します。自動車リサイクル料金は車種により変わりますし、すでに支払っている場合は0円となります。

一時抹消登録の場合

  1. 引き取り代 0円から3万円が目安
  2. 廃車代行費用 0円から1万円が目安

引き取り代の発生はナンバープレートを外す時のみです。廃車手続き代も厳密に言えばかかるのですが、大体の場合は廃車代行費用の中に組み込まれていることが多いです。

自分で廃車登録は可能だが業者に頼んだほうがベスト

業者に頼む以外にも自分で廃車登録をすることはできます。やり取りに慣れている人であれば問題ありませんが、多くの人の場合初めて行うことになるでしょう。必要な書類を調べる必要もありますし、集める必要もあります。忙しい社会人であれば、時間を捻出することも難しいはずです。

また、登録窓口は土日や祝日、年末年始は営業していません。基本的に平日のみですので、これも一般的な社会人では難しいでしょう。ですので、業者に任せるのがベストです。もちろん業者から必要な書類の提出は求められますが、それでも代行してもらったほうが確実です。

まとめ

今回は廃車をキャンセルできるかどうかについて解説しました。改めて今回の情報をまとめると下記になります。

  1. 永久抹消登録の場合はキャンセルは難しい
  2. 一時抹消登録の場合はキャンセルは可能
  3. 車や自身の状況を考えて永久抹消登録か一時抹消登録をする
  4. 廃車費用は業者によって違うので複数から見てもらうのがベスト
  5. 廃車手続きは業者に頼むのがベスト

以上となります。廃車にしようと思って手続きしてしまったけど「やっぱりやめた」「事情が変わってしまった」ということはあり得ます。業者に永久抹消登録をしてもらうよう代行している場合は早急に連絡しましょう。解体作業や手続きをしていなければ間に合うかもしれません。

一時抹消登録の場合はいつでもキャンセルが可能ですし、キャンセルというよりは再登録のほうが言葉としては合っているでしょう。廃車にする場合は永久抹消登録にするか一時抹消登録にするかは今後この車を使うか」を基準にしてください

廃車の手続きを依頼する前に冷静になって考えることをおすすめします。一番はキャンセルをしないように慎重に検討することです。廃車手続きを依頼する前であれば十分な時間もありますので、ゆっくりと時間をかけるようにしましょう。

それでも急な変更などによってキャンセルしたい場合は業者さんに連絡して取り次いでもらいましょう。