「自動車を個人売買する時の注意点って何?」でも触れたように、中古車の売買が店頭ではなくサイトやアプリでも個人ができるようになった時代です。
手数料や利益を中古車屋さんに取られないようになるメリットもある反面、面倒な書類の手続きや購買者とのトラブルを回避する方法は心得ておきたいところ。

そこで今回は、車の個人売買において比較的無理のない範疇で利益を出す方法について触れていきたいと思います。
上手く購買者とマッチングすれば、お互いにメリットが生まれる可能性があるのも個人売買の良いところです。

車の個人売買で古物商の資格は必要?

中古車を個人売買しようと思ったときにまず思い浮かぶのは、古物商の資格が必要かどうか?ではないでしょうか。
ヤフーオークションやメルカリなどのサイトでも古物商の許可番号を記載されているのをよく見かけますよね。
もちろん持っていると信頼感がアップしますのであるに越したことはありませんが、必要のない範疇で売買をするのも無理ではありません。
自分がどのスタイルに当てはまるのかを理解して、もし必要であれば簡単に取得できる資格ですので違法な取引にはならないように気をつけましょう。

古物商の資格が必要ないのはこんな時

もともとの持ち主が誰なのか?という部分に注目です。

  • 自分が使っていた自分名義のものを、使わなくなったから売却する時
  • 友人や知人が使っていたものを、金銭を介さずに譲り受けたが、自分も使わないので売却する時
  • 実際に欲しいと思って自分が使うつもりで購入したのに、結局使わずに売却する時

このように、最初から営利目的で購入した商品ではないものを売却する場合は、古物商の資格は必要ありません。
しかし、長期的かつ定期的に売買をしていると、必要と見なされるケースもありますので気をつけましょう。

古物商の資格が必要になるのはこんな時

  • 新品・中古品に限らず、商品を自分が使う目的は無いのに一般の人からお金を払って買い取る時
  • 依頼された中古品を、お金を払って引き取る時
  • 利益が出そうなものを販売目的で購入する時

このように、もともと持っていたものではなく、利潤や販売を目的として商品を買い取るワンクッションが発生する場合、古物商の資格が必要になります。
例えば、コレクションが趣味で収集するために購入しているだけなら資格は必要ありません。
しかしそれを売却目的で購入するのであれば、古物商の資格を持っておいた方が良いということになります。
これは店舗がある無しには関係ありません。

個人売買で利益を出すポイント

さて、せっかく自由に売却できる車が手元にあるのなら、売って少しは利益を狙いたいものです。
手元にある車の詳細をチェックして、故障やキズなどが無いか、ある場合どの程度の修理が必要なのかを正直に項目ごとにまとめます。

準備するべき書類や契約書が整ったら、利益を出すために以下の2つのポイントを押さえておきましょう。

①市場価格をリサーチする

同じぐらいの年式や走行距離、ランクの車が市場ではどのぐらいの価格で取引されているのかできるかぎり色々な場所でチェックしてみましょう。
なぜなら、利益を出したいからと高値に設定していては購入したい人は待てど暮らせど現れませんし、反対にいらないからと安く設定し過ぎると、事故車や言えないトラブルを抱えた車だと思われて信頼に欠けるからです。

②人目につきやすい所に売り出す

どんなに良い商品で、どんなに良心的な価格でも、購入を希望する人の目につかなければ意味がありません。
車のオークションサイトや、中古車販売をしているサイトに広告を出すなどの宣伝をして、人目につく機会を増やしていきます。
中にはプロの中古車販売を生業にしている人からの購入希望もあるかもしれませんが、売却した後でさらに金額を上乗せされて売られる可能性も無きにしもあらず。
しかし、自分の手元に数万円でも利益が出たら、個人売買においては十分な金額です。
だいたい1台につき5~10万円程度の利益になれば、車の個人売買では成功と言えます。

まとめ

今回は、車の個人売買で利益を出すコツや心得についてご紹介してきました。
個人売買においても、売り物となる車を「販売目的で購入する」となると古物商の資格が必要になりますが、ただ知り合いの車を預かって売却するなどの金銭が発生しない売買であれば古物商の資格が必要ないことがわかりました。
そして個人売買において利益を出そうと思った時に忘れてはならないのが、粗利を稼ぐのが目的ではないというポイントです。

中古車販売店で購入すると、人件費を含めて手数料や管理費などが商品代金に上乗せされてしまうところを、個人の売買ではそのあたりをフラットにして商品代金を市場より少し抑えることができるのが最大の魅力とも言えます。

その関係が成り立てば、売却する側も購入する側も中間マージンを取られずに、売り手にも利益がもたらされ、買い手もお値打ちに購入できるようになるというわけです。
欲を出さず売り手と買い手が良い関係を築くことが、個人売買で最終的に利益を出すことに繋がるのではないでしょうか。