東海地方で車を買取に出そうかと検討されている中には、車買取のネクステージが候補に挙がる事でしょう。

しかし、このネクステージはそこまでメディアで見かける機会も少ないので、どういった業者なのかイメージできない方も多いでしょう。

そこで、ここではネクステージの特徴などについてご紹介いたします。

ネクステージの特徴など

このネクステージは、冒頭でもご紹介の通り東海エリア、特に愛知県を中心に店舗展開をされている業者です。

なので、そこまで有名ではありませんし、引っ越しで東海地方に越してこられた方にとっては馴染みのない業者と言えるでしょう。

そこで、まずは簡単にネクステージの特徴などについて見ていきましょう。

徐々に全国対応に邁進中!

このネクステージはもともと東海地方を中心に営業されているとご紹介してきましたが、実は最近は全国展開へと路線変更され、徐々に各都道府県に進出を開始しているのです。

その甲斐もあってか現在は東京をはじめ、北は北海道から南は熊本まで出店をされているのです。

もちろん、まだまだ店舗がない都道府県もありますが、この出店速度はかなりの勢いなので、数年後には大手買取業者と渡り合えるレベルになる可能性も高いでしょう。

買取だけではなく新車の販売も

次に、ネクステージは車の買取を行うことは行いますが、実は本業は新車や中古車の販売だった業者なのです。

内部事情までは把握しかねますが、おそらく現在の車業界の流れにしたがって、新たな販路を見出すために中古車買取の市場に参入してきたのでしょう。

そんなネクステージですが、付け焼き刃の様な買取ではなく、しっかりと顧客からの評判も良い買取を実践しているので、買取が後発組だとしても侮ることはできない業者です。

 

ネクステージをお勧めできる理由

そんなネクステージについて今回紹介しようと考えたのは、当然ネクステージのサービスやメリットを活用することでお得になる人がいると判断したからなのです。

そんなお勧めできる理由についてこちらで列挙しようと思いますので、車の売却を検討されている方は是非とも参考にしていただければと思います。

ライン査定で時短が可能

まず、一つ目のポイントは、車の買取業界では導入されているのはまだまだ少数派であるラインによる査定です。

ラインによる査定が可能になったことで、より気軽に査定を行う事ができる様になったので、平日も休日も多忙な方にとっては隙間時間に査定ができる様になります。

なので、通勤時間や仕事の昼休憩などの時間を活用して、車の査定を行う事が可能となったのです。

パーツ類も査定にプラスする事が可能

2つ目のポイントは、車のパーツなども査定額にプラスしてもらう事が可能である点です。

通常、多くの車買取店ではカスタム車は敬遠される傾向にあり、同じ車種や走行距離、年式や状態の車が2台あり、それぞれノーマル車とカスタム車であった場合、高額査定になるのはノーマル車となっています。

これは、ノーマル車の方が再販時に新しい購入者が現れやすい事から、ノーマル車の方が高値になるのです。

しかし、ネクステージの場合は、そういったカスタムされた車であっても、使われているパーツ自体にも増額要因としてカウントしてもらう事が可能となっているのです。

よってカスタム車に関しては、ネクステージでの買取をより有利に活用する事ができるでしょう。

外車の買取に強い

ネクステージの買取に関しては、カスタム車だけではなく外車の買取にも有利になる事が多いです。

というのも、ネクステージは外車のディーラーも系列店舗に含まれているため、知識面はさることながら、販路に関しても外車を高値で再販できるルートもあるのです。

こういった理由から、外車に関しては通常の買取店で売りに出すよりもネクステージに売った方が、査定額が高くなる可能性があるのです。

 

ネクステージの評判

上記の様に、ネクステージに車を買取に出す際には、手軽さに加えて様々な販路を持っている事から、かなり多くのメリットを享受する事が可能となっているのです。

もちろん、ネクステージの特徴は金額面だけではなく、その接客対応に関しても評判が高いのです。

実際にネクステージで査定を行った方の意見としては、以下の様なものを確認する事ができています。

査定額に満足する声もありますし、残念ながら契約ならずでしたが、その対応に感謝されている方もいます。

ただ、反対にネクステージの悪評もいくつか見かける事がありました。

この様に、ライン査定がかなり混雑している様で、返信の遅さに関する不評はかなり見かける事がありました。

また、査定を行うスタッフによっては営業職の強い方もいるそうで、査定の際にそういった方に当たってしまった方の意見としては、やはり強引な査定という印象を与えてしまている様です。

この辺りに関しては、残念ながら運しだいとなりますので、一度査定に申し込みしてみないと何とも言えない部分になるでしょう。

 

ネクステージで少しでも査定額をあげる方法

以上がネクステージの特徴などの紹介となります。

が、せっかくの車の売却ですので、少しでも高値で売りたいと考えるものでしょう。

そこで、もともと高額査定の可能性が高いネクステージですが、更に少しでも査定額をあげれる方法もございますので、こちらも併せてご紹介しておきましょう。

査定前に車の大掃除

まずは、査定で高額を狙う場合の鉄則とも言える方法ですが、査定に出す前に洗車を行う事が一つ目の方法となります。

行為自体は非常にシンプルなものですが、査定を行うのが人間である以上、車に対する印象をどれだけ上げれるかで査定額にもかなりの影響を与える事ができますので、やはりこれは有効的な方法といえるでしょう。

その際、洗車は外装を中心にされるかと思いますが、査定の際には内装もチェックされますので、シミや汚れ、匂い等が残らない様に内装もしっかりと清掃する様にしましょう。

複数の業者に査定を出す

2つ目のポイントは複数の業者に査定に出す事です。

この複数査定には2つのメリットがあります。

一つは、複数査定を行う事でネクステージ視点から見て買取を行う競合他社がいる状況を作る事ができるのです。

これにより、他社に買取権利を与えない為により高額な査定額の提示をしてくれる様になるのです。

もう一つは、前述でもご紹介の通りネクステージには買取で査定額を高くできる車種(外車やカスタム車)があると紹介しましたが、これは他社でもいえる内容となっています。

なので、自分が売ろうと考えている車がネクステージで苦手(査定額を上げれない)な車種だった場合は、その車種の買取が得意な業者の方が高値になるでしょうから、無理をせずより高額な査定ができる業者に売りましょう。

廃車同然の車は別路線で

3つ目のポイントは、売ろうとしている車が廃車同然の車である場合です。

多走行だったり低年式車(古い車)だった場合は、その車を再販に出したとしても新しい買い手が現れる事は非常に稀です。

ということは、その車を買い取ることにメリットはなく、むしろ在庫リスクになり得るものですので、ネクステージと言えども査定額が高くなる事はありません。(最悪の場合は処分費用がかかることも)

なので、そういった場合は車に使われている鉄資源やパーツに対して買取額を出してくれる廃車買取の業者に路線変更を行うことも必要になります。

そうする事で、中古車買取に出すよりも高値で得る事ができる様になるのです。

なお、廃車買取の業者の中には手数料を請求する業者もいますので、カーネクストの様な大手で手数料完全無料の業者に査定に出す様にしましょう。

カーネクストであれば、持ち込みや訪問査定なしで電話一本で査定が完了しますので、前述の複数査定の1社に加える事も可能でしょう。

※カーネクストは廃車の買取だけではなく、中古車の買取も可能となっています。